鎌倉ではたらく太守のブログ

愛犬家で歴オタ、うつつなき者の備忘録。湘南ベルマーレを応援中。

北条時政の江ノ島参籠—北条の天下は七代まで?

ごぞんじのように、北条氏桓武平氏平直方公を祖とするが、大いに世に出たのは北条時政のときのこと。

 

古典『太平記』(時政参篭榎嶋事)には、時政公が江ノ島に参籠したときの逸話が紹介されている。
昔鎌倉草創の始、北条四郎時政榎嶋に参篭して、子孫の繁昌を祈けり。
三七日に当りける夜、赤き袴に柳裏の衣着たる女房の、端厳美麗なるが、忽然として時政が前に来て告て曰、
「汝が前生は箱根法師也。六十六部の法華経を書冩して、六十六箇国の霊地に奉納したりし善根に依て、再び此土に生る事を得たり。去ば子孫永く日本の主と成て、栄花に可誇。但其挙動違所あらば、七代を不可過。吾所言不審あらば、国々に納し所の霊地を見よ。」
と云捨て帰給ふ。
其姿をみければ、さしも厳しかりつる女房、忽に伏長二十丈許の大蛇と成て、海中に入にけり。
其迹を見に、大なる鱗を三つ落せり。
時政所願成就しぬと喜て、則彼鱗を取て、旗の文にぞ押たりける。今の三鱗形の文是也。
其後弁才天の御示現に任て、国々の霊地へ人を遣して、法華経奉納の所を見せけるに、俗名の時政を法師の名に替て、奉納筒の上に大法師時政と書たるこそ不思議なれ。
されば今相模入道七代に過て一天下を保けるも、江嶋の弁才天の御利生、又は過去の善因に感じてげる故也。
今の高時禅門、已に七代を過、九代に及べり。されば可亡時刻到来して、斯る不思議の振舞をもせられける歟とぞ覚ける。
(古典太平記


江ノ島の弁財天は、時政公の前生の善行により、北条一族は大いに栄えるであろう、と告げる。ただし、その行いによっては七代を過ぎることはないゆえ心せよ、と言い残し、大蛇に変身して鱗を三つ落として海中に沈んでいったという。そこで北条一族は家紋を三つ鱗とし、代々、鎌倉を治めてきたのじゃが……

北条高時は九代目。祖父・七代時宗、父・八代貞時はいずれも名執権としてよく国を治めた。ということは、やはり北条氏の滅亡は、高時のせいということになるのじゃろうか?