鎌倉ではたらく太守のブログ

愛犬家で歴オタ、うつつなき者の日々の備忘録。湘南ベルマーレを応援しています。

足利家時の置文……足利高氏が鎌倉幕府を裏切った理由とは?

しかし、足利高氏はなにゆえ、鎌倉を裏切ったのじゃろうか? まさか、わしの愛犬に噛みつかれたことを根にもったとか? それとも、父・足利貞氏の喪も明けぬうちに、笠置攻めを命じ、仏事もろくにさせなかったことを恨んだのか? それとも……

f:id:takatoki_hojo:20180302134119j:plain

足利家時の置文「我命をつゞめて、三代の中にて天下をとらしめ給へ」

じつは、足利家には、祖・八幡太郎義家公から代々当主に伝わる「置文」というものがあったとう。そこには、「自分は七代の子孫に生まれ変わって天下を取る」と書かれており、その七代目にあたるのが足利家時。家時は、上杉重房の娘を母としており、足利氏では、北条一門の娘を母としないはじめての当主じゃった。

同じ源氏の新田とちがって、足利は代々、北条と縁組を重ね、協調して力をつけてきた。じゃが、時宗公の頃から得宗専制が強まり、足利も一御家人として遇されるようになっていた。そのため、霜月騒動では家時もいっちょかみしていたという話もあるし、安達泰盛の与党であった北条一門・佐介時国の失脚に関連して自害したという説もある。

ともかく「北条ごときが何をエラそうに!われらは源氏ぞ!!」と、家時がなったとしても、べつに不思議ではない。ただ、北条の天下は貞時公の時代には未だ盤石。家時は自分の代で家祖の願いを果たせそうもないことを嘆き、八幡大菩薩に「三代後に天下を取らせよ」と祈願した「願文」を記し、執事の高師氏に託して自害したというのじゃ。

そして家時から数えて三代目にあたるのが足利高氏。今川了俊の『難太平記』には、この「置文」について、こう記している。

さればまた義家の御置文に云ふ「我七代の孫に吾生替りて天下を取るべし」と仰せられしは家時の御代に当たり、猶も時来らざる事をしろしめしければにや、八幡大菩薩に祈申給ひて、「我命をつゞめて、三代の中にて天下をとらしめ給へ」とて御腹を切り給ひしなり。
その時の御自筆の御置文に子細は見えしなり。まさしく両御所(高氏、直義)の御前にて故殿も我等なども拝見申たりしなり。
「今天下を取る事、唯此発願なりけり」と両御所仰せ有りしなり。

もしこの「置文」の存在が事実だとすれば、足利家は代々、北条と婚姻を重ねながらも、じつは臥薪嘗胆、卑屈になりながら力をためてきたということになるが……

高氏が鎌倉幕府を裏切った理由(推測じゃよ)

ちなみに高氏の母は上杉頼重の娘・清子。家時と同じく、母親は北条一門ではなく、中流の公家・上杉氏の出じゃ。足利義兼以後、足利の嫡男は北条一門から正室を迎えており、その関係はつねに良好じゃった。じゃが、家時と高氏は例外であり、高氏もまた北条への反逆にためらいはなかったのかもしれん。

元弘元年/元徳3年、後醍醐天皇が笠置で挙兵した元弘の乱のとき、高氏は幕命により出兵した。高氏はこのとき、父・貞氏の喪中を理由に出兵を辞退したが許されず、「太平記」は、これが不満で高氏は幕府に反感を持つに至ったとしている。じゃが、これは承久の乱のとき、足利義氏が大将の1人として大将の北条泰時を助け、勝利を得た先例にもとづくもの。こういうときのために、北条は足利と代々縁組を重ね、幕府内でも優遇してきたわけで、不満を言われても困るというものじゃ。

まあ、貞氏の喪中に戦に駆り出したことをもって高氏が不満を持ったかどうか、それはわしにはわからん。じゃが、このとき、高氏は公然と幕府に反旗をひるがえす楠木正成らをみて、北条の先行きを危ぶんだのかもしれんな。足利と北条はすでにズブズブ。もし反北条の火の手が各地で上がれば、それはすなはち足利にも向けられることになる。『難太平記』は、高氏に決起を促したのは母清子の兄・上杉憲房であると伝えているが、「倒幕のバス」に乗り遅れぬよう、高氏は京にパイプが強い叔父から、いろいろと情報を収集していたのじゃろう。

そして2度目の上洛戦のとき、高氏は好機到来とばかりに鎌倉を裏切り、六波羅を陥落させす。そして。建武政権が成立するや、後醍醐天皇にも謀叛をおこし、天下をとったと、こういうことになる。わしは「高時」の「高」の字を与え、後醍醐帝も「尊」の字をあげたが、けっきょくは2人とも裏切られてしまったというわけじゃ。まあ、字なんかもらっても、しょうがないということじゃろうよ。

ただ……足利家時の「置文」は、つっこみどころが満載じゃな。そもそもなんで、足利だけに義家公の「置文」が託されたのか? それに源氏による天下取りの願いは、四代後の源頼朝公が成就してくれたじゃないか! やはり、この「置文」の話は嘘くさい。室町幕府の正当性を流布するため、後世に創作された話と考えたほうが良さそうじゃな。

 

こちらの記事をご参考までに置いておくぞ。