読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鎌倉ではたらく太守のブログ

愛犬家で歴オタ、うつつなき者の備忘録。湘南ベルマーレを応援中。

曽我兄弟の仇討ち—黒幕は北条時政?蒲殿・源範頼?

赤穂浪士の討入、伊賀越の仇討とならんで、日本三大仇討のひとつとされる曽我兄弟の討入。梅が咲き誇るこの曽我の郷が、曽我兄弟が育った地じゃ(あ、わしの愛犬は無視してほしい)。

コーギーカーディガン

曽我物語について

曽我物語』で知られるこの仇討は、源頼朝公による富士の裾野の巻狩で、曽我十郎祐成と曽我五郎時致の兄弟が父の仇である工藤祐経を討った事件。そもそもの発端は伊豆国の伊東祐親と工藤祐経のいざこざじゃった。

京に赴任中、工藤祐経は所領を義理の叔父である伊東祐親に奪われてしまう。怒った祐経は、平重盛に訴えたものの埒があかず、ついに郎党に、祐親とその息子・河津祐泰の暗殺を命じる。このとき、祐親はあやうく難を免れるのじゃが、祐泰は殺されてしまう。残された祐泰の妻はふたりの息子を連れて曽我祐信に再嫁。この息子が曽我十郎祐成と曽我五郎時致の兄弟じゃ。

伊東祐親といえば、伊豆に流された源頼朝公の監視役じゃったが、娘の八重姫が頼朝公と懇ろになり、ふたりの間に生まれた千鶴丸を殺害した人物じゃ。石橋山で頼朝公が挙兵したときも平家方についたため没落し、最後は頼朝公の御慈悲で生きのびることに堪えられず、自殺に追い込まれている。

いっぽうの工藤祐経は、都に仕えた経験をかわれて頼朝公に御家人として重用され、やがて伊東祐親の所領を継承する。つまり曽我兄弟にとって工藤祐経は父の仇! ふたりは源平の争いとは無関係に、父の仇討ちを虎視眈々とねらっていたというわけじゃよ。

 
曽我梅林

 

曽我兄弟の仇討ちの黒幕は北条時政

この事件、曽我兄弟は夜、酩酊して女と寝ていた工藤祐経を寝所で討ち取り、見事に父の仇討ちに成功する。その後、兄の祐成は討ちとられているが、弟の時致はなぜか頼朝公の館に押し入ったんじゃ。

曽我時致は、今回の仇討ちに至った無念を頼朝公に述べるつもりだったと釈明した。じっさい、頼朝公は曽我時致の助命を考えたが、それでは工藤祐経の遺児が収まらないということで、けっきょく時致は斬首されている。ということで、この事件は一件落着のはずなんじゃが……

ところで曽我時致の「時」という字……そう、そうなんじゃよ。時致の烏帽子親はじつは北条時政公なんじゃよ。

河津祐泰が暗殺されたあと、兄の一萬丸(曽我十郎祐成)は曽我の家督を継いだんじゃが、弟の筥王丸(曽我五郎時致)は箱根権現社に稚児として預けられた時期があってのう。筥王丸は箱根を訪れた工藤祐経を襲撃する事件を起こしているんじゃ。そのときは未遂におわり、祐経に諭されて「赤木柄の短刀」を授けられ、しおらしくなったんじゃが、その後、筥王丸は、伊東祐親の娘が時政公の前妻であった縁を頼って、じつは北条の庇護をうけておるんじよ。

北条の下で虎視眈々と父の仇討ちの機会をうかがう時致。それをなだめる時政公。「もう水に流せ。それをいうんなら、すけ殿も爺ちゃんの仇として討たなければならんではないか……」

((((;゚Д゚))))))) 

そんなわけで、この仇討ち事件の黒幕には時政公がいて、工藤祐経といっしょに頼朝公の暗殺もそそのかしたのでは? という疑惑がもたれているのじゃ。

もちろん、鎌倉幕府の正史である「吾妻鏡」にそんなことは書けっこない。あくまでも噂て証拠はないしな。

 

源範頼の謀叛という話も?

都合が悪くなったわけじゃないが、話はガラッと変わって、気の毒なのが蒲殿こと源範頼さん。この事件を鎌倉で聞いた蒲殿は、頼朝公の安否を心配する政子殿に「範頼左て候へば御代は何事か候べきと」と見舞いの言葉を送った。じゃが、これがもとで謀反の嫌疑をかけられて、伊豆国に流される事件が起きている。

作家の永井路子さんの説によれば、この時点で頼朝公と蒲殿の関係は微妙だったとか。というのも、この時期、北条ばかりが優遇されていることに相模の武士団の不満が高まっていたというんじゃな。

そういう背景から、曽我兄弟の仇討ちは、じつは相模国の御家人が、頼朝公と時政公を暗殺し、蒲殿を担ごうとしたクーデターだっのでは?というんじゃ。じっさいに事件の直後、大庭景義と岡崎義実はともに出家し、大庭景義は鎌倉を追放されている。たんなる偶然なのか?

そして蒲殿も伊豆で殺されてしまうんじゃが、そのとき曽我兄弟の同母兄にあたる原小次郎という人物が連座して処刑されておるんじゃよ。これも不思議な話ではないか。

こうしてみるとこの事件、単なる私的な仇討ちではなく、政治的な権力闘争あったようにも思える。真相はもちろん藪の中なんじゃが……

曽我物語