鎌倉ではたらく太守のブログ

愛犬家で歴オタ、うつつなき者の備忘録。湘南ベルマーレを応援中。

大宮 vs 湘南 あと少し、30cmだったのに……

残念ながら連勝ならず。しかし、ぶれずに湘南スタイルを貫こう。  そんな思いを強くした首位・大宮との一戦じゃった。

 Jリーグ 第12節 @ NACK5スタジアム大宮

大宮アルディージャ 2−1 湘南ベルマーレ

ズラタンにヒールで決められ先制を許した湘南だが、すぐさまセットプレイから大野のヘッドで同点。その後も幾度となく攻め込み、前半は1−1ながら湘南優勢のまま終了。

結果的には、ここで勝ち越せなかったのが敗因のひとつのように感じるが、後半、渡邉大剛に決められリードを許す展開も、さいごまでアグレッシブに戦い、大宮ゴールを脅かした選手たちには、拍手を贈りたい。

後半アディショナルタイム、大介がとびこんでいった混戦の場面は、同点まであと30cm!上からみていて思わず悶絶、ほんとうに惜しかった。 

試合終了後、メインスタンドの大宮サポーターから湘南の選手たちに拍手が送られる。 
20周年を迎えたJリーグ、こういう光景は世界に誇るべき美質だと思う。 

今度、大宮と対戦するのは最終節の平塚。そのときのことは想像できない、想像したくないけれど、おたがいに「大一番」として迎えることになるかもしれない。そんなことを考えながら、悔しさ半分、手応え半分の遠征からの帰り道でした。 

(しかし、NACK5はいいスタジアムだな、とつくづく)