鎌倉ではたらく太守のブログ

愛犬家で歴オタ、うつつなき者の備忘録。湘南ベルマーレを応援中。

湘南 vs 広島 前年王者はやはり巧く、強かった……

産能大の学生さんも大勢かけつけ、井上あずみさんによるラピュタ「君をのせて」ベルマーレチャントバージョンのご披露もあり、いい感じで盛り上がっていたんだけど……

J1 第13節 @BMWスタジアム 
湘南ベルマーレ0−2サンフレッチェ広島 

大人とこども。広島、巧くて強すぎ。

BMWスタジアム

やり場の無いフラストレーションは、不幸にも広島のGK・西川へ。近くのご家族のママが「パパがブーってやったらブーよ」なんていってたけど、それはちょっとちがうぞ。

それはともかく、広島はさすがに王者の貫禄じゃった。こんなにうまい広島でもACLで勝てないんだから、サッカーというスポーツは、ほんと、奥深いんだのう。

セレッソ戦と浦和戦と同じく今日は3−4−3のがっぷりよつのミラーゲーム。ミキッチパク・ヒョンジンの両ワイドを広く使われ、前半の湘南は完全に5バックでひたすら守らされる展開に。そして前半18分、広島のワンタッチでの速いパスまわしに翻弄され、高萩に先制を許す。前半終了間際には、左サイドをくずされて追加点を奪われてしまう。

ここのところの「やれる感」に「湘南スタイル?調子にのるなよ」と冷や水を浴びせられた……そんな感じ。

ただ後半、システムをいじってからは推進力がうまれ、何度かいいカタチでゴールにせまれたのは収穫。リーグ戦中断前に、あらためて通用する部分とそうでない部分が明確になったんだから、今後の糧にするのじゃぞ。

大人とこども、成熟と伸び盛り……いまにみていろ、ということで!