読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鎌倉ではたらく太守のブログ

愛犬家で歴オタ、うつつなき者の備忘録。湘南ベルマーレを応援中。

伊豆・真珠院 源頼朝と恋に落ちた伊豆一の美女、八重姫の悲劇

伊豆の蛭ヶ小島に流された源頼朝公と北条政子殿との駆け落ち話については、すでに書いたので、それをご覧いただくとして。

今回はそうした歴史の狭間に埋もれてしまった悲しい女子とお父さんのお話。

伊豆・韮山にあるここ真珠院は、伊豆最大の実力者・伊東祐親の三女で、頼朝公とロマンスの花を咲かせた八重姫の悲劇を伝えるお寺じゃ。

源頼朝と八重姫

伊東祐親には4人の娘がいたんじゃが、中でも三女の八重姫は「伊豆一の美女」といわれた評判の姫だったらしい。
そんな八重姫を、「なまめいたる小冠者」(要するに色男ね)の頼朝公が見逃すわけもなし。
祐親が大番役で上洛している間に、頼朝は八重姫と逢瀬を重ね、やがて男子・千鶴丸が誕生するんじゃ。

千鶴丸3歳の時、京から戻った祐親はこれを知って大激怒。
「平家の咎めを受けたらどうするんだ!」と、家人に命じて千鶴丸を川に沈めて殺害し、頼朝を討とうと郎党を差し向ける。
幸い、頼朝公の乳母・比企尼の娘を妻にしていた祐親の次男・祐清が頼朝公に知らせ、頼朝公はどうにかこうにか逃げ延び、祐清の烏帽子親だった北条時政公を頼る。
これが頼朝公と政子殿のロマンスへとつながっていくことになるわけじゃね。

さて、子どもを殺され、最愛の人とわかれさせられた八重姫は、その後、無理矢理嫁がされてしまったけれど、どうしても頼朝のことを忘れられない。
そこで意を決し、ある夜、待女を連れて、北条時政邸を訪ねるが、すでにそのとき、頼朝公は政子殿との結婚していた。

門番に冷たくあしらわれた八重姫は傷心のあまり川に身投げし、侍女たちもつぎつぎと後を追ったという。悲しい話じゃのう。

以上が「曽我物語」に記されている話だけれど、「源平闘争録』にも八重姫についての 記述がある。じつは八重姫は、頼朝が幕府を開くまで生きていたというのじゃ。
そして八重姫が貞操を守りつづけたことに頼朝は多いに喜び、並みいる独身の武将の中から好きな男を選べと命じ、八重姫は千葉常胤の次男・相馬師常を指名したというのじゃ。
また、川に沈められたとされる千鶴丸も、じつは不憫に思った祐親が密かに家来に託して奥州に落とし、やがて島津家の始祖になったという説もある。
このあたりはにわかに信じがたいけれど、興味深い話ではあるのう。
 
もっとも、八重姫のこの話そのものが、どこまでほんとうかわからないわけじゃがの。


真珠院には八重姫を祀る祠がある。中には、八重姫の木像と供養塔が安置されているとか。
近くには八重姫に従って命を絶った待女たちの碑と、愛と平和の象徴とされる那木の大木立っていました。

伊東祐親のその後

さて、八重姫の父・伊東祐親のその後について。頼朝公が北条氏を後ろ盾に打倒平氏の兵を挙げると、祐親は相模の大庭景親とともに石橋山の戦いでこれを破る。
しかし、頼朝公が勢力を盛り返し関東を制圧すると、祐親は富士川の戦いの後、ついに捕らえられてしまう。
幸い、娘婿の三浦義澄が、政子が懐妊した吉報のタイミングで助命を嘆願したことから、頼朝公の許しを得る。
しかし祐親はこれを潔しとせず、「恩情のある言葉を得て過ちを恥じる」と、けっきょく自害してしまったそうじゃ(「吾妻鏡」)。
また、息子の伊東祐清は、さいごまで平氏方として戦い、木曽義仲軍との加賀 篠原の戦いで討死している。
頼朝をめぐる八重姫と政子殿、伊東祐親と時政公の明暗。

もし、祐親が「ここは佐殿のために!」と一念発起していたら……なんてことも考えたけど、やはりそれは後世の人だからいえる結果論。
じっさいに、石橋山の合戦で頼朝公が死んでいれば、祐親の判断は正しかったことになるわけだし、ここは時政公が乾坤一擲の博打に勝った、ということじゃろう。

ちなみに、曽我兄弟の仇討ちで知られる曽我十郎祐成と曽我五郎時致は伊東祐親の孫にあたる。
五郎時致は頼朝の寝所まで踏み込んでいるから、あるいはお爺ちゃんの仇もついでにうってやろう!なんて思いがあったかどうか、それはご本人に聞かないとわからんのう。