鎌倉ではたらく太守のブログ

愛犬家で歴オタ、うつつなき者の備忘録。湘南ベルマーレを応援中。

後鳥羽上皇、人に不意(1221)討ち承久の乱

少し前に、実朝暗殺とその黒幕についてエントリーしたけれど、今日は、その関連で、後鳥羽上皇についてじゃ。

人に不意(1221)討ち承久の乱

後鳥羽上皇といえば承久の乱承久の乱は、有史以来はじめて武家が朝廷と戦って勝利し、天皇上皇を島流しにしたという、日本史上のエポックメイキングといってよい事件じゃ。

後鳥羽上皇Wikipediaより)

後鳥羽院は勉強もスポーツもできる万能の君

後鳥羽院高倉天皇の第4皇子で、安徳天皇の異母弟にあたる。木曽義仲によって平家が安徳天皇を報じて京を追われたため、当時まだ4歳だった尊成親王、つまり後鳥羽天皇は、三種の神器なしで即位した。この時期、つまり後鳥羽天皇が即位してから平家とともに安徳天皇が壇ノ浦に沈むまで、南北朝時代と同様、日本にはふたりの天皇がいたことになるわけじゃ。

後白河法皇が没し、関白の九条兼実が失脚すると、後鳥羽天皇は親政をおこない、その後は院で治天の君として、政治手腕を発揮する。たとえば、白河天皇が北面の武士をつくったように、西面の武士という親衛隊を創設したり、藤原定家勅撰和歌集新古今和歌集」を編纂させるなど、文武両面で大活躍する。
後鳥羽院ご自身も多種多芸で、和歌の才能はもちろん一級品で、そのほかにも、管弦、書画などの芸能から、弓術、相撲、水泳などの武道、さらには刀剣マニアとして、名刀を鍛造しては、お気に入りにものを臣下にあげたりしていたらしい。勉強もスポーツもできる万能の君だったわけじゃな。

源実朝の死後、後鳥羽院と鎌倉との関係が急激に悪化

ところで注目したいのは鎌倉との関係じゃ。後鳥羽院は諸国に膨大な荘園をもっていたが、幕府によって地頭が各地に設置されるようになると、年貢の未納問題などがおこるようになってきた。当然、後鳥羽院にとって、地頭を送りこんでくる幕府は、さぞかし不愉快な存在だったんじゃろう。

それでも後鳥羽院は当初、将軍の実朝公との関係強化により、公武融和をめざしていたらしい。そもそも「実朝」という名を与えたのも後鳥羽院だし、近臣の坊門信清の娘を実朝に嫁がせたのも後鳥羽院じゃ。

もちろん実朝に官位を与えてどんどん昇進させたのは、官打ち」により実朝を呪詛調伏したものだという研究者もいるし、『承久記』には、そうした記載もなされている。先日、実朝暗殺の黒幕についてエントリーしたが、後鳥羽上皇黒幕説というのもあるようじゃ。

とはいえ、実朝公ご自身が「源氏の正統この時に縮まり、子孫はこれを継ぐべからず。しかればあくまで官職を帯し、家名を挙げんと欲す」(『吾妻鏡』)といっているし、その時点では北条政子殿と藤原兼子(後鳥羽院の乳母)の間で親王将軍を迎える交渉もなされていたわけで、実朝の昇進は、親王を猶子に迎えるための準備であったと考えるほうが自然じゃ。
おそらく後鳥羽院は実朝公を通じて鎌倉幕府を取り込もうとしていたのじゃろう。そして実朝公も朝廷との関係強化を望んでいた。それに対して北条義時公は、朝廷をたてつつも、幕府の独立制を保ちたかった。このあたりの軋轢が承久の乱の原因であり、実朝公の死により表面化してきたのじゃろう。
そして、そう考えていけば、実朝公の暗殺は……いや、やめておこう。

実朝公の死後、幕府は、雅成親王を新将軍として迎えようとするが、後鳥羽上皇は2つの条件を出してきた。ひとつは、上皇が寵愛する白拍子に与えた摂津国の長江、倉橋荘の地頭を罷免すること。ふたつめは幕府に黙って西面の武士となり、所領を没収されていた仁科盛遠の処分を撤回することじゃ。
いくら後鳥羽院の要望とはいえ、さすがにこれを受け入れれば、御家人からの幕府の信用は大きく揺らぎかねない。義時公はこれを拒否し、弟の時房さんに兵を与えて上洛させ、武力を背景に後鳥羽院への説得を試みている。

じゃが、後鳥羽院はそんな恫喝に屈するようなヤワな人ではなかった。かくして交渉は決裂するやに思われたが、鎌倉シンパの西園寺公経が奔走し、どうにか摂関家から九条道家の子・三寅(後の九条頼経)を迎えることができ、この問題は落着する。
もっとも、この頼経東下は、後鳥羽院にとってはかなり不満だったようじゃ。また義時公にとっても、院に対してしこりを残す結果となる。

承久元年(1219)7月、内裏守護の源頼茂(源頼政の孫)が、西面の武士に討ち取られる事件が起こる。理由は頼茂が将軍職に就こうとすたためだという。ただ、鎌倉の将軍継嗣問題に院が武力を行使するというのも不自然で、これは、後鳥羽上皇が鎌倉調伏の加持祈祷を行っていたことを、頼茂に知られたため、証拠を隠蔽したともいわれている。いずれにせよ、京都と鎌倉の間の緊張関係はいよいよ高まっていったのじゃ。
 

ついに北条義時追討の院宣が……

そして承久3年(1221年)5月14日、後鳥羽院は「流鏑馬揃え」を口実に、北面・西面武士や近国の武士を集める。その中には、尾張守護・小野盛綱、近江守護・佐々木広綱、検非違使判官・三浦胤義ら有力御家人もいた。そして翌15日には京都守護の伊賀光季を攻め、諸国に義時追討の院宣を発したのじゃ。
院宣を被るに称へらく、故右大臣薨去の後、家人等偏に聖断を仰ぐべきの由、申せしむ。仍って義時朝臣、奉行の仁たるべきかの由、思し食すのところに、三代将軍の遺跡を管領するに人なしと称して、種々申す旨あるの間、勲功の職を優ぜらるるによりて、摂政の子息に迭へられをはんぬ。然共、幼齢にして未識の間、彼の朝臣、性を野心に稟け、権を朝威に借れり。これを論ずるに、政道、豈然るべけんや。仍って自今以後、義時朝臣の奉行を停止し、併ながら叡襟に決すべし。もしこの御定に拘らずして、猶反逆の企ある者は、早くその命を殞すべし。殊功の輩においては、褒美を加へらるべきなり。宜しくこの旨を存ぜしむべし。てえれば、院宣かくのごとし。これを悉くせよ。以て下す。 承久三年五月十五日  按察使(葉室)光親奉る
よく承久の乱に際し、後鳥羽院は「院宣を発すれば、諸国の武士はこぞって味方すると、状況を甘く見ていた」というようなことがいわれる。 しかし、近国の武士は後鳥羽院に味方しているし、西国はそもそも院の勢力下にあるわけじゃから、動員兵力はじつは拮抗していたとみてよい。少なくともワシの時代に挙兵した後醍醐天皇よりも手ごわかったと考えられるのじゃ。

それにそもそも「朝敵」にされるというのは、武人にとっては耐え難いものなのじゃ。じっさい『増鏡』によると、泰時公と義時公との間では、出陣にあたって、こんな会話がなされたようじゃ。
かくてうち出でぬる又の日、思ひかけぬ程に、泰時ただ一人鞭をあげて馳せ来たり。父胸うち騒ぎて、「いかに」と問ふに、「戦のあるべきやう、大方の掟などは仰せの如くその心をえ侍りぬ。もし道のほとりにも、はからざるに、かたじけなく鳳輦を先立てて御旗をあげられ、臨幸の厳重なることも侍らんに参りあへらば、その時の進退はいかが侍るべからん。この一事を尋ね申さんとて一人馳せ侍りき」といふ。
義時とばかりうち案じて、「かしこくも問へるをのこかな。その事なり。まさに君の御輿に向ひて弓を引くことはいかがあらん。さばかりの時は、兜をぬぎ、弓の弦を切りて、ひとへにかしこまりを申して、身をまかせ奉るべし。さはあらで、君は都におはしましながら、軍兵を賜はせば、命を捨てて千人が一人になるまでも戦ふべし」といひも果てぬに、急ぎ立ちにけり。
「もし、後鳥羽院自ら戦場に出てきたらどうすればよいですか」という泰時公の問いに、義時公は「その時はしかたがないから降伏せよ」と答えている。朝廷に弓を引くという行為が、いかに気が重いものであるかがよくわかるのう。
 
まして後鳥羽院が朝敵としたのは、あくまでも北条義時公じゃ。義時公は将軍ではない。いくら政治の実権を握っていたとはいえ、御家人と主従関係はないわけじゃから、「俺のために戦え!」などと、命令をくだせる立場ではない。そもそも北条氏が幕政を牛耳っていることに内心、不満をもっていた御家人もいたじゃろうし、ワシの時代ほど、北条の力は強くない。そう考えると義時公はこのとき、かなり窮地に陥っていたといえるわけじゃ。

この義時公の窮地を救ったのが、尼将軍・北条政子のかの有名な大演説じゃ。長くなってきたので、これについては、また明日にでも。