読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鎌倉ではたらく太守のブログ

愛犬家で歴オタ、うつつなき者の備忘録。湘南ベルマーレを応援中。

承久の乱、皆心を一にして奉るべし…尼将軍・北条政子が御家人に喝!

鎌倉・室町

承久の乱の勝利により、北条の政権基盤は確固たるものになるのじゃが、第一の殊勲は、やはり尼将軍・北条政子殿じゃろう。

 

「頼朝公のご恩を忘れるな!」尼将軍・北条政子が一喝!

後鳥羽院挙兵の報に鎌倉は動揺したが、政子殿は御家人たちに頼朝公の御恩を切々と訴えたという。

皆心を一にして奉るべし。これ最期の詞なり。故右大將軍朝敵を征罰し、關東を草創してより以降、官位と云ひ俸祿と云ひ、其の恩既に山嶽よりも高く、溟渤よりも深し。報謝の志これ淺からんや。而るに今逆臣の讒に依り非義の綸旨を下さる。名を惜しむの族は、早く秀康・胤義等を討取り三代將軍の遺蹟を全うすべし。但し院中に參らんと慾する者は、只今申し切るべし (『吾妻鏡』)

まさに尼将軍! これはもう、政子殿じゃなければできぬ。そもそも追討令が出された義時公本人はすでに出る幕がないのじゃ。義時公は姉さんの横でひたすら小さくなっているしかなかったのじゃ。なんせ、朝敵なんじゃから。

それより、政子殿の熱弁がすごい。政子殿は「将軍に御恩は受けたけど、義時は関係なくね?」「話をすりかえてんじゃねえよ!」とかいう疑問も圧殺してしまう。朝敵がなんだ! 院がなんだ! かくして、鎌倉はここに一丸となったのじゃ
ワシのときにも、政子殿のような存在がいてくれたら……などといっても仕方がないか。
あ、これはちなみに、「草燃える」からのキャプチャね。
 

f:id:takatoki_hojo:20150923110707p:plain

大江広元の好判断

さらに好判断だったのが大江広元じゃ。当初、義時公や時房公は上皇軍を箱根で迎え撃つ作戦を立てたそうじゃ。しかし大江広元は、京への積極的な出撃を主張したらしい。
敵は「治天の君」であり、戦が長引けば長引くほど、心変わりする御家人も出てきて、幕府には不利になる。こうした広元の主張を政子殿が裁決し、鎌倉軍は即日進発することになったのじゃ。

もし鎌倉軍がグズグズと引きこもっていたら……国を二分して戦は長引いたかもしれまぬ。すると厭戦気分も出てくるじゃろう。そもそも「なんで俺たち、北条のために戦ってるんだ?」ということにもなりかねない。それこそ三浦、足利あたりがあっさりと後鳥羽院に寝返ったかもしれぬ。そもそも、それまでの歴史で、朝敵となって勝利したものはいないし、事実、ワシは後醍醐帝に敗れておる。

とにもかくにも短期決戦をめざす鎌倉軍は、東海道から北条泰時公・時房公率いる10万騎、東山道からは武田信光率いる5万騎、北陸道からは北条朝時率いる4万騎で、一気に京都制圧に向かう。『吾妻鏡』によれば、最終的にその数は19万騎に膨れ上がり、各地で鎌倉軍は京都軍を蹴散らしていくのじゃ。

京都軍の藤原秀康、三浦胤義らは瀬田に布陣し、宇治川を最終防衛ラインに定めて奮戦するが、鎌倉軍に突破を許してしまう。そこで、最後の一戦をせんと、御所に駆けつけるのじゃが、後鳥羽院は門を固く閉じ、彼らを追い返してしまったという。
そして幕府軍に使者を送り、今回の挙兵は謀臣の企てであったとして、義時追討の院宣を取り消し、反対に秀康、胤義らの追討を命じる院宣を下したのじゃ。

こうしたやりかたは、いわば朝廷の常套手段。「貴人に情なし」と非難するにはあたらない。信じる方がおろかなのじゃ。
 
かくして、承久の乱は鎌倉軍の勝利に終わる。幕府は後鳥羽上皇隠岐に、順徳上皇佐渡に、土御門上皇を土佐に配流とし、仲恭天皇廃帝とした。そして、安徳天皇の弟の守貞親王後高倉院として担ぎ出し、その子を後堀河天皇として即位させ、後鳥羽院の血統を排除する。

また、後鳥羽院がもっていた広大な荘園はことごとく没収され、これを機に、鎌倉幕府の支配が畿内・西国にも及んでいくことになる。これにより、朝廷は幕府に完全に従属することとなり、北条執権政治がいよいよ本格的にはじまるのじゃ。

神皇正統記』における承久の乱の評価

ちなみに、承久の乱については、後世、南朝マンセー北畠親房も『神皇正統記』で後鳥羽院を批判している。
次ニ王者ノ軍ト云フハ、トガアルヲ討ジテキズナキヲバホロボサズ。頼朝高官ニノボリ、守護ノ職ヲ給ル。コレミナ法皇ノ勅裁也。ワタクシニヌスメリトハサダメガタシ。後室ソノ跡ヲハカラヒ、義時久ク彼ガ権ヲトリテ、人望ニソムカザリシカバ、下ニハイマダキズ有トイフベカラズ。一往ノイハレバカリニテ追討セラレンバ、上ノ御トガトヤ申ベキ。謀叛オコシタル朝敵ノ利ヲ得タルニハ比量セラレガタシ。カカレバ時ノイタラズ、天ノユルサヌコトハウタガヒナシ 
王者の戦いは、罪ある者を討ち、罪なき者は滅ぼさないものである。頼朝が高い官位に昇り、守護の設置を認められたのは、後白河法皇の意思であり、頼朝が勝手に盗んだものではない。義時は人望に背かなかった。陪臣である義時が天下を取ったからという理由だけでこれを討伐するのは、後鳥羽院に落ち度がある。謀反を起こした朝敵が利を得たのとは比べられない。従って、幕府を倒すには機が熟しておらず、天が許さなかったことは疑いない。
そして「臣下が上を討つのは最大の非道であるとしながらも、まず真の徳政を行い、朝威を立て、義時に勝つだけの道があって、その上で義時を討つべきであった」としている。北畠親房からみても、大義は後鳥羽院ではなく、義時公にあったというわけじゃ。

我こそは新島守よ隠岐の海の荒き波風心して吹け

以下は余話としてじゃが、この後、後鳥羽院は配流先の隠岐島で余生を過ごしている。とくに和歌には精力的で、『遠島百首』をはじめとして700首近い和歌を残を詠んだそうじゃ。もともと多趣味な後鳥羽院じゃから、島での生活もいろいろと工夫されたのじゃろう。それでも京都に戻りたいという思いは、つねにあったとは思うけどね。

ちなみに、仲恭天皇の後をついだ後堀河天皇と、その子の四条天皇は相次いで不慮の死を遂げ、けっきょく皇統は後嵯峨天皇が受け継ぎ、後鳥羽院の血統に復している。宮廷では後鳥羽院の怨霊によるものと噂になり、鎮魂のための御廟を建立しようということになったが、ご本人の霊が出てきて、「俺は崇徳天皇のように怨霊として祟ることはないから御廟はつくらないように」と託宣したという話もある。
はたして実際のところはどうだったんじゃろうか。