鎌倉ではたらく太守のブログ

愛犬家で歴オタ、うつつなき者の備忘録。湘南ベルマーレを応援中。

松本山雅VS湘南 雨中の決戦を制し、湘南が開幕5連勝

絶対に負けたくない相手との一戦は土砂降りの雨と強烈な風。「好調なチームに何かが起こるとすれば、こんな日かも……」 試合前、そんな嫌な感じがしていたけど、杞憂に終わり、これで開幕5連勝じゃ!
 

 2014 J2 第5節 @ アルウィン

 
試合前から山雅サポが煽る煽るw われわれに「どうだ!」といわんばかりに岩上のチャントを声高らかに歌われると、なにもそこまでしなくたって……、と大人げない気持ちが湧き出てきたりw

でも、その手にはのらない。試合前のスタメンでは、岩上には当然のごとく拍手で応え、一転して反町監督には大ブーイングw このあたりの呼吸というかセンスは、いかにも湘南サポじゃのうwww
 
試合のほうは、好調な両チームの対戦とあって、熱いゲームとなった。反町監督の戦術がはまったのか、アルウィンの雰囲気がそうさせたのか、序盤から松本山雅のペースで試合がすすむ。
そんな中、「おいおい、どうなっちゃうんだ?」という嫌な空気を変えてくれたのは、菊池大介の今季初ゴール!丸山の見事なロングフィードに大槻がおいついて右サイドから正確なクロス。そこに走り込んでの圧巻なボレーシュートじゃった。
 
とはいえ、さすがに好調な山雅。後半、田中隼磨のクロスに飯田のドンピシャヘッドで同点に追いつかれてしまう。しかし、湘南もその数分後には、大槻がヘッドを決めて再び勝ち越し。このゴールはほんとうに入っていたのかは微妙な感じでもしたけれど、今日の湘南には、少しツキがあったのかもしれない。再び飯田に押し込まれて「やられた!」と天を仰いだゴールはオフサイドの判定。その後も秋元のファインセーブがなければ、勝利の女神は山雅に微笑んでいたかもしれない。
 
もっとも今日の湘南も、勝利の女神を呼び込むのにふさわしい戦いぶりだった。1点のリードを守ろうとするのではなく、いつものスタイルで攻め続ける。カウンターから大介がもちあがり、パスを受けた永木がしっかりと3点目を決めて勝利をたぐり寄せ、さらに菊地のプロ初ゴールで山雅サポを沈黙させる。
終わってみればシュート数も湘南が上回り、4−1の貫禄勝ちでした。
 
試合終了後は岩上が湘南サポに挨拶。
コールとチャントに何度も何度もお辞儀をし、涙を拭う岩上にはウルっときました。
岩上にとって移籍という決断には、もちろん後悔などないんだろうけど、湘南サポに対しては心にひっかかるものがあったのかもしれないのう。
 
ともかく、この日のこの場面をもって、岩上は完全に松本山雅の選手になったように思う。律儀で泣き虫な岩上祐三くん、これからも応援しています。

こんな写真で申し訳ないけど、アルウィンの雰囲気は噂どおりじゃった。なにより、すれちがう山雅サポが「こんにちは」「おつかれさまでいた」「お気をつけて」と挨拶してくれたのには驚いた。岩上が山雅に残りたいと思った理由はこんなところにもあるかもしれないのう。

山雅サポのみなさま、今度は平塚で待っておるぞ。