鎌倉ではたらく太守のブログ

愛犬家で歴オタ、うつつなき者の備忘録。湘南ベルマーレを応援中。

千葉VS湘南 記録にも記憶にも残る大量ゴールで7連勝!

記録にも記憶にも残る試合を—試合前に曺監督は選手たちにそう話したらしいけれど、まさにその言葉通りの圧倒的な勝利。これでクラブ新記録となる開幕7連勝じゃ!

 2014 J2 第7節 @ フクアリ

ジェフユナイテッド市原・千葉 0−6 湘南ベルマーレ

満員のアウエイゴール裏。高いところからの観戦だったため、選手の動きがよくわかる。相手がジェフということで、キックオフからかなりリスペクトした感じでみていたけれど、開始10分で、今日は勝てるなと。

 

玉際も強く、複数の人数でプレッシャーをかけてボールを奪取。1対1もほぼ負けないし、セカンドボールはことごとく拾い中盤を制圧。そこから両ワイドをつかって素早く攻め込んでいく。

先制ゴールも時間の問題か、と思っていたところ、後半11分、左サイドにボールをもちこんだ菊池をオーバーラップしてきた三竿が追い越してクロス、ウェリントンが決めた。

そのあとはもはや湘南劇場。シュート数29本で、菊池大介のバースデイゴールを含む6ゴール。ゴール裏は完全に「祭り」じゃったぞ!

前節26本中2本しか決まらなかった反省をしっかりと生かしたということで、湘南スタイルが炸裂したこの試合。ジェフのようなパス回し主体のチームには、戦術的に特にはまるのかもしれないけれど、連動した守備、攻守の早い切り替え、さいごのさいごまで運動量がおちることなく、どん欲にゴールをねらう姿勢が、フクアリのてっぺんからの観戦でよくわかった。

なにより、選手一人一人が自信をもって戦えているところがすばらしい。

さあ、史上最強の湘南ベルマーレへ。勝って兜の緒を締めて、次節はホームで大分戦じゃ!