読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鎌倉ではたらく太守のブログ

愛犬家で歴オタ、うつつなき者の備忘録。湘南ベルマーレを応援中。

小栗上野介の土蔵付き売家

幕末・近現代

横須賀のヴェルニー公園には、横須賀製鉄所の生みの親である幕末の勘定奉行小栗上野介忠順とフランスの技師レオンス・ヴェルニーの胸像がある。で、今日は小栗のことじゃ。

 小栗上野介といえば日米修好通商条約批准書交換使節としてポーハタン号で太平洋を渡り、帰国後は勘定奉行軍艦奉行等を務め、倒れかかった幕府の建て直しに尽力した人物。徳川埋蔵金伝説でも有名じゃ。


ただ、大政奉還後、兵を置去りにして江戸に逃げ帰ってきた徳川慶喜に徹底抗戦を主張したことから、明治新政府軍に反乱の嫌疑をでっちあげられ、何の取調べもなく斬首されてしまう。

小栗は横須賀製鉄所さえ完成すれば、たとえ徳川家が家屋敷(政権)を売ることになっても「土蔵付き売家」として売り出し、後の世に必ず役に立つと語っていたらしい。

実際、東郷平八郎は、日本海海戦の勝利のあと、小栗の遺族を自宅に招き、軍事上の勝因の第一として、「小栗さんが横須賀造船所を造っておいてくれたことがどれほど役立ったか知れません」と謝辞を述べたそうだ。


小栗がいなければ、いまごろぼくの名前は、ナントカスキーとかナントカヤノフになっていたかもしれないのだ。

司馬遼太郎さんが小栗を「明治の父」と評価したのもうなづける。勝海舟ばかりでなく、もう少し小栗にもスポットライトがあたるとよいんじゃが……