鎌倉ではたらく太守のブログ

愛犬家で歴オタ、うつつなき者の備忘録。湘南ベルマーレを応援中。

水戸 VS 湘南 人生もサッカーも楽ありゃ苦もあるさ。湘南が苦しみながらもGET3

どっちが連勝中なのかわからなくなるような試合。水戸のフィニッシュの精度がもう少し高かったら……と思うとゾッとする。契約の縛りなく、もし馬場賢治が出場していたらやられてた?

柱谷監督がこうなっちゃったのもよーくわかるw さいごのCKは完全に「やられた!」と思ったし。

水戸ホーリーホック 0−1 湘南ベルマーレ

ウェリントン欠場でどこまでできるか、そんなところも注目してみていたけど……
ワントップに入った大槻は、いつもの通りがんばって走っていたけれど、前線にボールが収まらない。
水戸にうまくボールを回され、プレスもはまらず、いつものように数的優位でボールを奪えない。
玉際も水戸の方が強く、じりじりした展開が続く。

それでも後半になると、湘南はサイドからいいカタチをつくりはじめる
そして39分、右サイドからの宇佐美宏和アーリークロスに、武富孝介がとびこんで値千金のゴールが生まれる。

いつもならここからさらにシフトアップして果敢に追加点を奪いにいくんだろうけど、さすがに今日はもう無理。

どうにかこうにか試合をクローズして、これで開幕11連勝じゃ。


今日のゲームについては、湘南が悪かったというより、水戸ががんばったというべきか。そもそも湘南は水戸にいつも苦しめられる印象があるのは気のせい?

まあ、それはともかく、今後はこういう試合が増えてくるんだろう。
いつものようにやっているんだけど、いつものようにいかない。

ここ数試合で、みんなが感じているだろうけれど、相手もしっかり研究してくるし、マークもきつくなるんだから、そういつもいつも調子よくいくわけがない。こっちのコンディションの問題だってある。

でも、そうした厳しい試合を何回も経験し、そこを乗り越えて、レベルアップをはかっていく。それが今年のテーマ、「深化」といういうことなんじゃな。

そういう意味では、今日、苦しみながらもあげた勝利は「深化」の道程か。

人生楽ありゃ苦もあるさ。

フットボールだってもちろんそう。あらためて水戸の地で教えられたよ。
 
さいごに……試合後に呑んだ1コイン吟醸酒はうまかった!
酒をついでくださった水戸の観光協会の方から「またお越し下さい」といわれたけど、いまのところその予定はありません。来年、ここに来るかどうかは、水戸さん次第なんじゃよw