読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鎌倉ではたらく太守のブログ

愛犬家で歴オタ、うつつなき者の備忘録。湘南ベルマーレを応援中。

湘南 VS 東京V 12400人の観衆を前に「湘南史上最強」をめざしてリスタート

産能大の学生さんたちを動員し、12,400人の観衆を前に「湘南史上最強」をめざして、本日、リスタート。

 2014 J2第16節 @ BMWスタジアム
湘南ベルマーレ 1−0 東京ヴェルディ1969


湘南のシュート数20に対して東京Vは3。この数字にも表れているように、湘南がゲームを支配する。

とはいえ前節同様、なかなかゴールが割れない。決定力がない、といってしまえば、それまでだけど、ただ、いくら押し込んでいっても最後のところで相手に集中して守られると、単純にクロスをいれてもゴールは割れないわけで……


じりじりと時間が過ぎていく中、待望の瞬間は64分にやって来た。
菊地俊介が菊池大介とのワンツーでペナルティエリアに侵入。背後から敵DFにひっぱられながらも、それをふりほどいて、GKの股下を通す見事なゴールじゃった。
あの場面、自分でつっかけていく判断をした菊地、素晴らしいね。

こうなれば残り時間、一気呵成に追加点を奪って、試合をクローズ、といきたかったけれど、武富のシュートがサイドネットだったり、岡田がペナの中で倒されたのを流されたり、大型新人・宮市剛のゴールがオフサイドだったりで、けっきょく1-0のまま試合終了。
 
まあ、こういうことは、ままある。ともかく連勝が途切れたあとのゲームで、しっかり勝点3をGETできたわけだし、「史上最強の湘南」をめざして、ここからリスタートじゃよ。