読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鎌倉ではたらく太守のブログ

愛犬家で歴オタ、うつつなき者の備忘録。湘南ベルマーレを応援中。

日本代表がコートジボワールに完敗—2014ブラジルW杯グループC

雑感

ふつうにスタッツをみれば、まったくの完敗なんだけど「もっとやれるだろう?」という気持ちになるのは、やはり「湘南スタイル」をみてきたからか?


FIFA ワールドカップ2014 @ ブラジル・レシフェ
日本 1−2 コートジボワール

立ち上がりからプレスがはまらない。本田のゴールで先制できたのはよかったけれど、その後に何度かあったチャンスを決められず。

ここでもう1点とれていれば展開もかわったんだろうけれど、暑さと湿度と雨の重馬場のせいで消耗したのか、日本の運動量がおちてくる。
足を止めたらおしまい。前に行かなきゃやられる。
1−0でクローズさせようとしたわけではないとはずだが、どんどん押し込まれていく。

そして訪れた魔の2分間。ドログバ登場でスタジアム全体の空気が一変すると、攻撃のスイッチを加速させたコートジボワールに、あっという間に逆転を許す。
2失点とも同じ左サイドからフリーでクロスをあげられ、ニアにとびこまれ……
 
8年前のドイツ大会を彷彿とさせる。幸い1点差だし、あのときのクロアチア、ブラジルという相手に比べれば、まだ可能性はある。
成長した証をここからみせてほしい。


一平くんがブラジルまで応援に行ったみたい。
それにしてもよく入れたね。いつのまにか青くなってるし。