鎌倉ではたらく太守のブログ

愛犬家で歴オタ、うつつなき者の備忘録。湘南ベルマーレを応援中。

番場宿・蓮華寺に北条仲時を偲んで……

お盆のさなか、米原市番場の蓮華寺を訪問してきた。そう、北条仲時以下430余命が自刃したお寺じゃ。前々から行こう行こうと思っていたのじゃが、ようやく念願がかなったというわけ。

北条仲時

番場宿の蓮華寺

名神高速の米原ICをおりてほどなく、番場宿・蓮華寺に到着。番場宿は中山道の62番目の宿場で、中世には東山道の宿駅として栄えたところ。ご年配の方には、長谷川伸の戯曲『瞼の母』に登場する番場の忠太郎でおなじみかもしれんのう。

 
番場宿
番場宿
 

蓮華寺は聖徳太子の創建で、はじめは法隆寺と呼ばれたが、落雷により焼失。その後、弘安7年(1284)、法然上人の法曾孫である一向上人が、領主で鎌刃城主の土肥三郎元頼の帰依を得て「八葉山蓮華寺」として再興された。歴代天皇の尊崇も厚く、花園上皇から勅願寺院としての勅許を得て、菊の御紋を下賜されている。時宗一向派大本山の一大念仏道場として隆盛した時期もあったが、現在は浄土宗のお寺にもどっている。

番場峠で進退きわまった北条仲時

菊の御紋のついた山門(勅使門)。その脇に、「血の川」という説明書きがあった。
本堂前庭にて四百三十余名自刃す。鮮血滴り流れて川の如し。故に「血の川」と称す。

駐車場にクルマを止めて到着早々、いきなり「太平記」にある凄惨な有り様を想像させられ、思わず合掌。このあたりの記述には、北条高時腹切りやぐら以上のリアルさを感じてしまう。

蓮華寺勅使門(山門)

足利高氏の裏切りにより、光厳天皇、後伏見、花園上皇を奉じて鎌倉を目指して落ちていく六波羅軍は、元弘3年(1333)5月7日、番場峠に到着する。しかし、行く手には、山賊、強盗、あぶれ者などが一夜のうちに集まり、伊吹山麓で出家していた先帝・後醍醐の五の宮を担ぎ出し、錦旗を掲げて待ちかまえる。

仲時は行幸を山へと進め、佐々木(六角)時信を後陣に、糟屋三郎宗秋を先陣に配し、峠を越えようとするが、敵は5千の兵で難所を固めている。仮に命がけで戦い、敵を追い散らしても、美濃国には足利に味方する土岐一族。吉良の一族も遠江国に城郭を構えて待ち受けているという。また、後陣に残した佐々木時信の向背も、いまとなっては定かではないし、佐々木道誉にいたっては、まったくあてにならない。

かくして進退きわまった仲時は、蓮華寺の本堂前で鎌倉武士らしく、潔く腹を切る。
今は我旁の為に自害をして、生前の芳恩を死後に報ぜんと存ずる也。仲時雖不肖也。平氏一類の名を揚る身なれば、敵共定て我首を以て、千戸侯にも募りぬらん。早く仲時が首を取て源氏の手に渡し、咎を補て忠に備へ給へ。
これをみた糟谷三郎宗秋は、涙が鎧の袖にかかるのをおさえ、仲時の腹に刺さっている刀を抜き、仲時の膝に抱きつくようにして切腹
宗秋こそ先自害して、冥途の御先をも仕らんと存候つるに、先立せ給ぬる事こそ口惜けれ。今生にては命を際の御先途を見終進らせつ。冥途なればとて見放可奉に非ず。暫御待候へ。死出の山の御伴申候はん。
そして、仲時に従った432人悉く、この場で腹を切って自害した……というのが、「太平記」で描かれた事のあらまし。鎌倉陥落、ワシら北条一族が東勝寺で集団自決する13日前のことじゃ。
 
蓮華寺
北条仲時 蓮華寺

このみ寺に、仲時の軍やぶれ来て……

蓮華寺の境内には斎藤茂吉の歌碑もある。茂吉の恩師・佐原窿応が蓮華寺49世住職になった縁でここを訪れ、短歌を残してたのじゃ。
このみ寺に、仲時の軍やぶれ来て、腹切りたりと聞けば悲しむ ……
松風のおと聴く時はいにしへの聖のごとく我は寂しむ
北条仲時ら430余名の供養塔は境内の右手奥、山へと続く参道をあがっていったところにある。墓碑の周りには紅葉が生い茂っていて、きっと秋には、この一帯を鮮血のように真っ赤に染めるのじゃろう。
蓮華寺
北条仲時

ところで……蓮華寺本堂には宝物室があり、志納で拝観できるらしい。ただ、今回は事前の調べもなく訪問したため、そうとは知らず、お宝を見ずして、蓮華寺を後にしてしまった。
宝物室には、自刃した北条方の将士を記す「陸波羅南北過去帳」(重文)のほか、「北条仲時公肖像」「仲時所持の長刀」「仲時所持の鑓」「仲時護持の塔」などがあるらしい。
なんたる不覚……
 
そんなふうに自分を責めていると、どこからともなく「またお越しください」と、仲時の声がどこからとなく聞こえてきたような気がした。次回は、秋に訪れたいね
 
番場宿 蓮華寺
 
ちなみに、北条仲時の墓は、こちら六はら山にあるらしい。なんでも江戸時代、彦根藩 井伊の殿様が、馬に乗って蓮華寺を参拝した日の夜「我を馬上から見下ろすとは何事ぞ」と、仲時に夢の中で叱責されたことから、山頂に仲時の墓だけ移転したそうじゃ。