鎌倉ではたらく太守のブログ

愛犬家で歴オタ、うつつなき者の備忘録。湘南ベルマーレを応援中。

証明 show the styleー2015湘南ベルマーレ爆勝祈願 in 江の島

江の島でおこなわれた湘南ベルマーレ爆勝祈願にいってきたぞ。参加するのは2年ぶりじゃが、参加者は350人だそうで、そのときよりもかなり増えた印象じゃ。なんせ最速昇格、勝点101じゃから、2015シーズンへの期待感も、それだけ高まっているということじゃろう。

湘南ベルマーレ、江の島爆勝祈願
湘南ベルマーレ、江の島爆勝祈願

2015湘南ベルマーレ爆勝祈願 in 江の島

江の島のバス停で途中合流すると、島村、大竹、古林、大槻、そして放送部メンバー、今年からフロントスタッフとなった猪狩さんも参加。観光客が「なにこれ?ベルマーレ」という好奇の目でみてたので、宣伝効果もまずます。

とりあえずは、大竹班にまぎれて参道をあがっていき、鳥居の下の階段で、みんなで記念撮影。しかし、これだけの人が集まるとなると、来年はここでの撮影は無理かもしれんね。

その後、サムエルコッキング苑では曺監督も特別参加。早めに着いて待っているときに、監督は参加者ひとりひとりと握手。あいかわらず律儀なお人柄じゃな。J2優勝パレードのときも思ったんじゃが、このクラブ・選手とサポーターの絶妙な距離間というのは、ほんとうに素晴らしいので、大切にしていってほしいと思う。

じつは、過去の爆勝祈願では、犬連れ参加だったため、サムエルコッキング苑に入るのは遠慮していた。そもそも、長く住んでいるけれど、ここに入るのは初めてで、イベント終了後は展望台にのぼり、相模湾の風景を堪能してきた。いつもワン歩している片瀬東浜、腰越海岸も一望じゃったよ。

相模湾
 

新体制、新ユニが発表!胸スポは「エナリス」

さて、すでにチームは始動していますが、今週は2015年の新体制発表会見新ユニフォームの発表があった。

オフィシャルサプライヤーは、昨年に引き続きPENALTY。なかなかいい感じ。

ちなみに胸には湘南電力つながりもある「エナリス」様。「スポンサー料は前納でもらっとけ!」とか、いろいろと物議をかもしてるのは存じ上げておりますが、ワシらは投資家じゃないので不問にふす。株価でサッカーやるわけじゃないし、新社長は元・Google日本法人CEOの村上憲郎さんですから大丈夫でしょう。BMWスタジアムで、いつでもどこでも、凛として着用しようぞ。

注目の背番号8は山田直樹、11は藤田祥史に決定。期待の大きさが伺えるね。そして坪井は浦和入団時に背負った20、高山もやはり入団時の23。「その心意気やよし!」である。じゃが、懸案の「9」は、ウェリントンがクラブを離れるということで……

Jのクラブは、予算の大きい小さい色々ありますけれど、いずれにしても、限られた予算の中で編成をしていくという中で、我々とすると、遠藤航を残すこと、永木を残すこと、高山を戻すこと等々、よりベストに近いベターな交渉を続けてきた結果、今日この席に座ってないとご理解いただきたいと思います」(眞壁潔会長)

契約金で妥結せず。プロの選手である以上、よりよい条件、環境を求めるのは当然じゃから、恨み節はなし。そのかわり、194cmという長身FWのギマの獲得が発表された。

こうしてみると、今オフの強化については、フロントの手際のよさ、なにより本気度を感じる。いずれにせよ、最後のピースがうまり、湘南ベルマーレのJ1移住計画は現時点では死角なし、あとは「やるだけ」といったところじゃ。

そう、われわれはJ1に旅行に行くのではない、住みに行くんじゃ。じっさい、いまのメンバーを眺めていて、フォーメーションをあれこれ考えて、もし、みんなが額面通り活躍してくれたら、たぶんACL行けちゃうんだからね(などと夢想w)。

湘南ベルマーレ
 

リーグ戦、ナビスコ杯の試合日程も発表されて……

試合日程も正式に発表されました。初戦はホームBMWスタジアムで浦和レッズ

「前所属クラブではあるので、それに対する想いっていうのは色々あるんですけれども、さっきも申し上げたように、湘南のために尽くすというように決めているので、相手チームがどこだというのは、そんなに意識はしてません。チームのために自分がどうあるべきか、どう戦うべきか、それに集中して臨んでいきたいと思っています」(坪井)
「私情が入ってしまう難しい質問ですが、今年は先ほど監督も言ってたようにスタートダッシュからいかないといけないということなので、その1勝になることを僕は願ってますし、そのために全力で戦いたいと思います」(山田)

ナイトゲームということもありNHK-BSで中継されるから、全国に「証明 show the style」の絶好の機会といえようぞ。しっかりとアピールしておこうね。

ところで今年から2シーズン制になるわけじゃが、チャンピオンシップの仕組みがいまだによくわからんw うちの場合はチャレンジャーでもあるし、一戦一戦、目の前の試合を、ということなので、今はそれでいいんだけど、浦和、鹿島、仙台、山形、FC東京と続く開幕5試合をどう乗り切るかがポイントじゃな。「毎試合が決勝戦のつもりで」と曺監督もいっているから、しっかりスタートダッシュをかましてほしいと切に願う。

ナビスコ杯の予選リーグは、甲府鳥栖、広島、柏、松本、新潟、F東京が相手。もちろんカンタンな相手ではないし、慢心もないんじゃが、前回、前々回の昇格のときのような、名前だけみて「こりゃダメだ、きつい」というほどでもない。むしろ期待感、やってやろうという気持ちのが大きい。これも成長の証じゃな。

「選手とは現状の認識をして、確かな目標を共有し、信念を持ってスポーツの原点である「たのしめてるか。」を忘れず、見ている人の心を揺らすサッカーで、世の中にメッセージを送ろうじゃないかと。日本サッカー界に新しい風を吹き込もう、そして証明しようじゃないかというような話をしました」(大倉智社長)
「今年は順位目標を特に選手には言ってないんですけど、毎試合毎試合、決勝戦の気持ちで戦わなきゃいけないと思ってます。それは、決勝戦だから違うことをやるわけじゃなくて、決勝戦、最後の試合だと思って、最善の準備をすることをファーストステージ17試合繰り返す。
スタートダッシュも含めてそういう気持ちでやらないと、1年間もったいないと思いますし、逆にそういう気持ちが続けば、きっと彼らの最大値を出せば良い結果が出せると思うので、僕はこのチームがどんな状況になったとしても、彼らを好きになって、彼らを信頼するって気持ちだけは他の誰にも負けちゃいけないと思ってますし、そういう時にこそ自分がしっかり彼らをリードして、後ろから支えて、このチームが本当に生きてるんだっていうことを、最終的には証明していきたいと思います」(曺貴裁監督)

とりあえず、遅ればせながらシーチケ購入とチーム強化募金をしておこう。

チョウキジェ