鎌倉ではたらく太守のブログ

愛犬家で歴オタ、うつつなき者の備忘録。湘南ベルマーレを応援中。

広島VS湘南…アディショナルタイムに被弾し、悔しいドローも、好ゲームでした。

ベルマーレアディショナルタイムの被弾でドロー。あと1分 耐えられれば…という残念感でいっぱいのサンフレッチェ広島戦。悔しい、ほんとうに悔しい。

キム・ジョンピルのカレーのおかわりさえなければ…… でも、湘南ベルマーレ、この勝点1で予選リーグ首位です(暫定)。この順位表、もちろん、J2ではありませんのでねんのため。

2015ヤマザキナビスコ杯 予選リーグ第3節
@ エディオンスタジアム広島
サンフレッチェ広島 2−2 湘南ベルマーレ

今日は19:00に会社を出て、スマホでスカパーオンデマンド参戦。

途中、上野東京ラインの中で通信が途切れ途切れじゃったが、それがかえって興奮というか、ドキドキ感を高めてくれた。

個人的に、いちばんやりにくいというか、勝てないな、強いな、と思わせるクラブは、じつはサンフレッチェだったりするので、浦和に善戦しようが、鹿島に勝とうが、この試合でどこまでやれるかが、湘南の成長のリトマス試験紙だと思っていた。

もちろん、広島のスタメンはレギュラーではないが、それをいうなら、湘南も永木、遠藤航、高山抜きでこの前の試合とは全スタメン総入れ替え。そこはおたがいさまなわけ。

前半は湘南のペース。まずはブルーノ・セザルの湘南初ゴールで先制。この人はやっぱり、足元で前を向いて勝負するタイプなんでしょうね。ただ、スタミナには難ありかな。

そのあと、四中工出身で田村翔太の同期の浅野にやられて追いつかれるが、前半終了間際には、カニからのナイスパスをコバショーが決めて勝ち越し。ここんところ好調な征也とのスタメン争いに「待った」をかけるのに十分な活躍だったと思う。

ただ後半、キム・ジョンピルが退場すると、代表クラスを投入してきた相手に防戦一方。広瀬、菊池俊介、菊池大介を投入。もう湘南はやることはひとつ、しっかり守るのみ。

ほんと10人でよく耐えたと思うけど、あと1分じゃった……12年ぶりの勝利はお預けとなってしまった。 まあ、開幕の浦和戦以外負けてないからって慢心するなよ、という高い授業料と受け止めよう。

でも、慢心はしないが、自信はもっていいのではないでかな。素晴らしいゲームだったと思う。

これから相手に研究されてくるじゃろうがで、成長のスピードを加速して、さらなる高みをめざそうぞ。

まずは、週末のFC東京戦。GIANT KILINGをみせてやりましょう。