鎌倉ではたらく太守のブログ

愛犬家で歴オタ、うつつなき者の備忘録。湘南ベルマーレを応援中。

湘南 VS G大阪…三冠王者相手にジャイアントキリングならず

「俺が楽しいのは、俺の頭ん中より、すげーことが起こった時だよ」(ETU・達海猛監督)

しかし、相手は三冠王者の実力。そんな「すげー」ことは起こらず、ジャイアントキリングは起こせませんでした。

 

2015 J1 第6節 @ BMWスタジアム

湘南ベルマーレ 0−2 ガンバ大阪

とはいえ、前節のFC東京戦と同じく、手も足も出なかったという感じではなかった。いや、そこそこ、手も足も出せていたし、今夜も試合の入り方はよかったと思う。

前半、スピードに乗って攻め込み、左サイドからあげたクロスに藤田征也が合わせた場面が2回あったけど、もし、どちらかを決めていれば、三冠王者を少しは慌てさせることができたかもしれない。

ガンバの宇佐美は4試合連続ゴールとか。あとで録画でみたら、オフサイドっぽくみえたけど、宇佐美らしくない身体ごと飛び込んでいく泥臭いゴールだった。

攻撃は宇佐美とパトリックだけでなんとかしてしまうガンバ相手に先制を許すと、いまの湘南の実力でひっくり返すのは厳しいかも。J2でもブロックをひかれたときにどう崩すかは課題だったが、ましてJ1ではそれ以上にアイデア、精度が求められるからね。

うちには宇佐美はいないし、人数かけて攻めればカウンターの餌食だし、後半、ひとりで湘南の選手3人をひきずって、一気にシュートまでもちこんでしまった宇佐美は、さすがといわざるをえないです、はい。

それでも連日の超満員の観衆にこたえるべくスクランブル体制に入った湘南は、終盤に遠藤航を前線にあげてきた。現時点ではこれが一番、得点の確率が高いという曺監督の判断なんだろうし、よくわかる。ただ、菊地俊介、バイアもさいご、あげてきたからね。この采配に、ベンチにいたアリソン、大槻はもちろん、すべての湘南FW陣は奮起してほしいと思う。

けっきょく、試合は終了間際におそれていたカウンターを食らい、永木がPKを献上。遠藤に決められて万事休す。終わってみれば王者の術中にはまった、そんな印象のゲームじゃったよ。


これでリーグ戦は3敗目じゃが、負けた相手は浦和、FC東京、ガンバと、現在リーグ戦の上位チーム。そこそこ戦えているという実感はあるものの、このレベルの相手に勝つには、まだまだ足りないということじゃろう。

次節の相手は横浜F・マリノス。怪我で戦列を離れている中村俊輔のホーム復帰試合になるとの見通しもある。武藤、宇佐美に続いて、中村俊輔にも華をもたせるような、そんな結果にはならないよう、切に祈ります。