読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鎌倉ではたらく太守のブログ

愛犬家で歴オタ、うつつなき者の備忘録。湘南ベルマーレを応援中。

湘南VS鳥栖…J1 2015シーズン、ようやくホームで初勝利です。

前節、あまりにふがいない試合で3連敗中の湘南ベルマーレ。しかし、今節はしっかりとやってくれましたぞ!

 


2015 J1 第8節 @ BMWスタジアム
湘南ベルマーレ 4-2 サガン鳥栖

ハードワークを信条とするクラブ同士の対戦ということで、激しくぶつかるシーンも多く、気持ちが伝わってくるゲームじゃった。

マッチデイプログラムで、高山薫はこういっていた。

「シュートもきっと意識ひとつで変わります。フィニッシュまで持ち込むんだという意識がいつもより10%増すだけで、シュートに至るトラップも変わってくると思う」

高山が決めた勝ち越しゴールは、まさにその言葉どうりのものだった。ここ数試合、ベルマーレに欠けていたものがこれであり、高山は有言実行、見事にやってのけてくれたのじゃ。

先制点も右からのクロスに高山が頭であわせ、GKがはじいたところに詰めていた大槻が泥臭く押し込んだゴールだったし、大竹はゴールこそなかったけれど、よくボールをおさめ、そのスキルの高さをみせてくれていたように思う。

高山のゴールも、大竹がねばり、大槻がヒールでつないで決めたもの。いろいろいわれがちな3トップが今日はよくがんばって、今シーズンのホーム初勝利、初勝利のダンスをもたらしてくれた。

そして、島村の2ゴール。シマムはある意味で湘南の象徴かも。スタメンで出られなくても、ベンチに入れなくても、くさらずに明るく前向きに黙々と。それでいて、シーズンの要所要所の大事な試合で、気づけば必ずシマムはピッチにいるw そして、しっかりちゃっかり、ひと仕事して健在ぶりをアピールしてくれるwww

大竹のコーナーから島村がヘッド一発決めてくれたときは「やっぱりシマムw」と思ったし、菊地俊介のシュートをGKがはじいたところをつめて、お腹で押し込んだ場面は「まさかシマムww まさにシマムwww」と、大いに盛り上がり、たのしませてもらった。

豊田に決められたのはちょっと余計だったかも。まあ、エースに決められるのが湘南ベルマーレ2015の仕様であるなら、1点でも多く貪欲にゴールをねらうしかないわけだよね。

試合終了後、高山が8Gで「この前(マリノス戦)みたいな試合はもう絶対にしない」と宣言してくれたし、GWの連戦をこの調子でたのしませてくれることを期待する。 

余談じゃが、鳥栖サポーターの男女別で声出しするチャント、あれ、いいね。すごくいい。湘南にも合うと思うんじゃが、どうかのう?