鎌倉ではたらく太守のブログ

愛犬家で歴オタ、うつつなき者の備忘録。湘南ベルマーレを応援中。

湘南vs清水…19年ぶりとなる清水エスパルス戦の勝利

2010年11月14日、5-0という圧倒的な実力差をみせつけられ、日本平で無念の降格。以来、5年の歳月をかけて、ようやく清水に無念を晴らすことができて感無量の勝利じゃ。

 

2015 J1 第12節 @ BMWスタジアム
湘南ベルマーレ 4-0 清水エスパルス

現在低迷しているとはいえ、ウタカ、デューク、長沢、大前元紀という清水の攻撃陣は驚異。序盤は風下ということもあり、かなり押し込まれる展開。しかし、今日も守護神・秋元陽太が湘南を救ってくれた。強烈なシュートを神セーブ連発でしのぐと、湘南がじょじょに押し返し、高山、大竹が決定機を迎えるなど、攻勢に出る

待望の先制点は、後半、菊池大介の今シーズン初ゴール。大竹がためて出したパスに、オフサイドラインぎりぎりで飛び出した大介。ファーストタッチでしっかりボールをコントロールしつつ抜け出し、左足を一閃。見事な一撃じゃった。大介がゴールを決めると盛り上がるね。

永木のFKもすばらしかった。ゴール裏から見ていたけど、正直、距離もあるし期待していませんでした。そのぶん、決まったときは大歓喜でしたが、キャプテン、ごめんなさい。この1点は大きかったです。勝利を決めた1点といってもいいじゃろう。

今日はこの後も貪欲に追加点を奪いにいく湘南スタイルが炸裂。このまま負けられない清水が前がかりになるところを、高山がスピードを生かして裏をついて、立て続けに2ゴール。清水の心を折る完璧なゴールじゃったよ。

終わってみれば4-0という完勝。もちろん、リーグ戦の現在の順位、清水の現状からみれば、勝って当然という意見もあるようじゃが、点差ほどの実力差があると思うほどの慢心はない。

大敗を繰り返した2010年、捲土重来を期すも善戦虚しく降格した2013年、この5年間の積み上げが結実した試合だったと思いたい。ただそれだけじゃ。

J1で戦っていくうえで、まだまだ足りないところはあるじゃろうし、ちんちんにやられることだってあるはず。じゃが、湘南は着実に力をつけてきている、そう信じられる、そんな一勝だったと思う。

ともかく19年ぶりとなる清水エスパルス戦の勝利です!