読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鎌倉ではたらく太守のブログ

愛犬家で歴オタ、うつつなき者の備忘録。湘南ベルマーレを応援中。

川崎vs湘南…「これもサッカーだ」とはわかっちゃいるけど、悔しい、割り切れない敗戦です

悔しい。ただただ悔しい。負ける試合じゃなかった。割り切れない。そんな感じじゃ。いや、この人の誤審とか、そういうことをいいたいわけじゃないぞ。でもなあ……

 

2015  J1 第15節 @ 等々力陸上競技場
川崎フロンターレ 2−1 湘南ベルマーレ

本日も小生、怪我が癒えずスカパー観戦。それだけに、菊池大介の例のシーンは何度もVTRでみては、「ゴールでしょ!」「西村、(゚Д゚)ゴルァ!」となった次第。

もちろん「これもサッカー、しかたがない」という納得のさせ方は知っておる。じつさい、これが逆なら「ラッキ〜」で済ますわけじゃし、じっさいのところ、よくわからんからね。野球のメジャーリーグみたいに「チャレンジ」によるビデオ判定は、Jリーグにはないんじゃから。

ただ、川崎キラーの高山のゴールで先制し、追加点がほしいところで出たスーパーゴールだし、あれが認められるかどうかは、今日の勝敗のターニングポイントだったことは間違いない。

じっさい、この直後に中村憲剛が出てくるまで、今日はまったく負ける気がしなかった。川崎は怪我人が多くてベストメンバーを組めてないというのもあるじゃろうが、それをさっぴいても、今日の湘南はいいサッカーをしていたと思う。

曺監督は、「まっすぐ、気持ちよく走らせない」「パスコースを雪道にしてやろう」といったそうですが、まさにそんな感じで、すべてが湘南のペースで進んでいた。それだけに、あのシーンで潮目が変わったというか……

ほかにも何度もチャンスあったんだから決めておけばいいんだ、という意見もあるが、それがふつうにできるのであればACL出場じゃよ。

三竿が中村憲剛を倒したPK。あれはPKとられても仕方がない。等々力だし、フロンターレサポーターの目の前でもあるし、あのプレイはいただけない。

それでも勝点1を持ち帰れればまだよかったのじゃが、アディショナルタイムに三竿のクリアが高山に当たり、跳ね返ったところをエウシーニョにかっさらわれてズドン……

これ、精神的ダメージが大きいね。

現地組、おつかれさまでした。もう、それだけじゃよ。