読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鎌倉ではたらく太守のブログ

愛犬家で歴オタ、うつつなき者の備忘録。湘南ベルマーレを応援中。

海よ俺の海よ 大きなその愛よ…今日は20回目の「海の日」

今日7月20日は「海の日」。「海の恩恵に感謝し、海洋国家の繁栄を祝う」という国民の祝日じゃ。

ちなみに祝日になる前は「海の記念日」じゃった。1876年(明治9年)、明治天皇の東北巡幸の際に「明治丸」によって航海をし、7月20日に横浜港に帰着したことにちなんで、1995年に制定されたそうじゃ。じゃから、今年は20回目の「海の日」ということになる。

明治丸

 

さて、この「明治丸」じゃが、なかなか優秀な船だったようで、日本の近代史にちょこちょこと顔を出してくる。

日本に回航された1876年には、英国との間で小笠原諸島の領有問題が生じた際にも大活躍。日本政府調査団を乗せた「明治丸」は、英国軍艦「カーリュー」とほぼ同じ時期に横浜港を出航し、2日早く小笠原に到着。ひと足早く調査をはじめると同時に島民との間で日本への帰属交渉をすすめたことが、日本による小笠原領有の決め手になったといわれておる。

また1887年の琉球処分では尚泰を乗せて東京まで航海し、1887年には高崎五六らの硫黄列島への探検航海に用いられ、関東大震災東京大空襲では被災者の収容にもあたるなど、八面六臂の大活躍じゃ。

現在、明治丸は国の重要文化財として、東京海洋大学が修復事業等をすすめておる。

 重要文化財「明治丸」

日本は、領土こそ面積は世界第61位じゃが、海(排他的経済水域)まで入れた領土では、世界第6位の面積を誇る海洋国家なんじゃな。こうした歴史を知り、海の恩恵に感謝する1日にすべく、午後からちょっと出かけてくるね。

海よ俺の海よ 大きなその愛よ
男の想いを その胸に抱きとめて
あしたの希望を俺たちにくれるのだ