鎌倉ではたらく太守のブログ

愛犬家で歴オタ、うつつなき者の備忘録。湘南ベルマーレを応援中。

朕が新儀は未来の先例たるべし…お騒がせな後醍醐天皇と建武の新政

このブログは太守のブログじゃから、鎌倉幕府滅亡後の話はあまり興味ないんじゃが、とりあえず建武の新政のお話。

後醍醐天皇の親政が、武家はもちろん公家からも評判が悪く、あっさりと瓦解したことはみなさんご存知なはず。

理想とするのは天皇親政。摂政・関白も院も将軍もなく、政治権力を天皇に一元化するというもので、その思想のベースは宋学朱子学)の大義名分論にあったという。

「君君たらずとも臣臣たらざる可からず」というあれじゃな。

 


「梅松論」には、後醍醐天皇の親政への決意がこう記されている。

保元・平治・治承より以来、武家の沙汰として政務を恣にせしかども、元弘三年の今は天下一統に成しこそめづらしけれ。君の御聖断は延喜・天暦のむかしに立帰りて、武家安寧に比屋謳哥し、いつしか諸国に国司・守護を定め、卿相雲客、各其の位階に登りし躰、実に目出度かりし善政なり。武家、楠・伯耆守・赤松以下山陽・山陰両道の輩、朝恩に誇る事傍若無人ともいひつべし。  御聖断の趣、五畿七道八番にわけられ、卿相を以て頭人として決断所と号して新たに造らる。是は先代引付の沙汰のたつ所也。むかしのごとく武者所ををかる。新田の人々を以て頭人にして諸家の輩を詰番せらる。古に興廃を改て、今の例は昔の新儀なり、朕が新儀は未来の先例たるべしとて新なる勅裁漸く聞えけり。

「延喜・天暦のむかしに立帰り」と、醍醐天皇村上天皇の治世を目標にすると、復古的な印象を受けるが、いっぽうで「朕が新儀は未来の先例たるべし」と、過去の先例にとらわれず、全て自分が決めなおす」と、宣言しているわけじゃ。かなり強気というか、自信満々な感じじゃな。

もっとも、これができるのは堯舜のような伝説的な帝王だけ。まして後醍醐天皇は、『太平記』ですら「徳欠くる則(とき)は、位有りといへども、持(たも)たず」と記した「欠徳の君」なんじゃから、うまくいくはずがない。
元弘の変で、苦楽を共にした側近の万里小路藤房でさえ、諫言を聞き入れられず出家してしまっているしのう。
「綸言汗の如し」なんてことはまるでなく、「朝令暮改」のオンパレード。そうした後醍醐天皇の親政は、有名な「二条河原の落書」にみられるような世相の混乱をもたらしている。

此比都ニハヤル物。夜討強盗謀綸旨。召人早馬虚騒動。生頸還俗自由出家。俄大名迷者。安堵恩賞虚軍。本領ハナルヽ訴訟人。文書入タル細葛。下克上スル成出者。器用ノ堪否沙汰モナク。 モルヽ人ナキ決断所。キツケヌ冠上ノキヌ。持モナラハヌ笏持テ。内裏マジハリ珍シヤ……  

洛中の治安も風紀も乱れ、地方からは武士たちが訴訟のために上洛してくる。それを裁くのは、能力のない雑訴決断所の役人たち。人事も恩賞もでたらめ。この人、倒幕が成功したのは、武士たちの不満が頂点に達していたことを忘れて、天皇としての自分の威光のおかげ、と勘違いしていたんじゃろうな。

こんな調子の建武政権じゃから、数年ともたずに瓦解し、ついには南北朝の騒乱をもたらす。残念ながら、後醍醐天皇は単にわがままでお騒がせ天皇だった、という結論になるな。そもそも天皇になる人ではなかった、そういうことじゃよ。

もっとも、北条の幕府も、「道違ふ則は、威有りといへども、保たず」ですから、偉そうにはいえる立場ではないがね。

あはは、以上じゃ。