読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鎌倉ではたらく太守のブログ

愛犬家で歴オタ、うつつなき者の備忘録。湘南ベルマーレを応援中。

清水vs湘南…決めたのは島村毅!シマムラは一日にしてならず!

5年前、ここで降格という現実を目の当たりにしたとき、「再来年、帰ってきてくださいね」「待ってますよ」と温かい言葉をかけてくれた清水サポさんたち……はたして今夜はどんな思いで試合をみつめていたんじゃろうか……

 

2015 J1 2ndステージ 第6節 @ IHIスタジアム日本平
清水エスパルス 1−2 湘南ベルマーレ

低迷しているとはいえ、田坂新監督を迎え、残留に向けて背水の陣を敷いて臨んでくる清水は警戒すべき相手。じっさい「勝つんだ!」という気迫を感じた。

対して今夜の湘南は、それほどいい内容だったようには思えない。ラッキーなオウンゴールで先制できたものの、後半は足が止まって防戦一方。秋元の神セーブ連発がなければ、やられていたかもしれん。

そんな中で決勝ゴールを決めてくれたのは島村毅。この男、さすがじゃ。やはりもっている男じゃよ。

ここのスタジアムというのは5年前に悔しい負け方をして降格が決まってしまった場所なので、すごく思い入れがあって借りを返したいと思っていたので、決まってよかったです。一昨日が誕生日だったので、いい誕生日になりました(笑)。

ある意味、湘南ベルマーレというクラブを象徴する選手のひとりといえる島村毅。気がつけばいつもそこにいる島村毅。振り返ればやはりそこにいる島村毅。そう、「シマムラは一日にしてならず」なんじゃよ。

そして湘南の誇り・遠藤航。連戦で体力的には絶対にきついはずなのに、しっかりとウタカを押さえ込んで、もはや風格さえ出てきたな。

思い出すと航の2種登録でのJリーグデビューも5年前。もっとも、航はあの当時からすでに航だったわけじゃがな。

特別指定選手永木亮太が湘南でデビューしたのもこの年じゃった。そして、じつは武田英二郎もね。

まるでボロ雑巾のようにやられた2010年。健闘虚しくやはり実力不足、経験不足を露呈した2013年。

しかし、今日は清水に雪辱した! 危なっかしい内容だったが、とにかく勝った! 

湘南はクラブとして着実に実力と自信を積み上げつつ、ここまで来たわけじゃ。この歩みを止めてはいけない。

だから次節、埼玉スタジアムで浦和に勝とう。勝てばさらなる高みがみえてくるはずじゃから。

そしてさいごに…鎌田翔雅、がんばれ!

 


追記……

静岡県がほこるソウルフード(?)、さわやかのげんこつハンバーグをようやく食べることができた。

来年もぜひ、食べたいので、清水エスパルスにはなんとしてもJ1に残ってほしいと心から願っておる。

ジュビロの昇格でもいいといえばいいのですが、静岡遠征はいろいろと楽しいことがいっぱいあるので、よろしくお願いいたします。