読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鎌倉ではたらく太守のブログ

愛犬家で歴オタ、うつつなき者の備忘録。湘南ベルマーレを応援中。

湘南vs川崎 夏休み最後のホームでみせてくれた湘南スタイル!

夏休み最後のホームゲーム。足を止めずに「湘南スタイル」をつらぬき、1stステージの借りを川崎にしっかり返したぞ。
 
 

 

2015 J1 2ndステージ 第8節 
@ Shonan BMWスタジアム 平塚
 

キックオフ直後、三竿のフィードミスから、大久保に先制ゴールを許したものの、早い時間帯に追いつけたのは大きかった。相手のパスミスから生まれたゴールじゃが、これも湘南の圧力が誘ったミスといえるし、藤田祥史はGKの動きをみて、冷静に決めてくれた。

川崎のパスワーク、とくに中村憲剛のスペースを使う攻めは怖かったが、湘南は足を止めずにハードワークで対抗。ほんとうに見ごたえのある、ガチンコの90分だったと思う。

決勝ゴールは、まさに「湘南スタイル」という攻撃じゃった。攻撃の起点となった山田直輝を永木が、永木を古林が、ボールホルダーを追い越していき相手ゴール前に殺到する。そして、永木が中に切れ込むとみせて古林にパス、そこからのセンタリングを豪快にヘッドでたたきこんだのはアリソン! いやいや、しびれたぞ。
もっとも最後5分は、川崎の猛攻に冷や冷や。8Gからではよく見えなかったのじゃが、試合終了後、リプレイ映像で秋元の神セーブ連発をみたときには、思わず手を合わせて拝んでしまったぞ。最後なんて超超超スーパーセーブじゃよ。

この試合、ハリルホジッチ監督がさいごまで観戦していたら、秋元も代表に呼ばれることになったかもしれんのうw
選手全員で、いやスタンドも一体となって奪ったゴール、守ったゴール、もぎとった勝利がほんとうに誇らしい。
さあ次節はガンバ大阪戦。1stステージではかるくひねられてしまった相手にどこまでやれるのか。アウエイの地でジャイアントキリング、そして勝利のダンスを期待したい。

 

追記

(´-`).。oO(ベルクイの抱き枕の件は削除しました。あしからず…あれは、やっぱり、よくないよ)