読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鎌倉ではたらく太守のブログ

愛犬家で歴オタ、うつつなき者の備忘録。湘南ベルマーレを応援中。

そもそも「得宗」とは?

鎌倉・室町

北条時政公からワシ・高時までの北条氏嫡流は「得宗」とよばれているが、この「得宗」ってそもそもなんなのか。どっから出てきた言葉なのか。ワシも今まで、そういうことは気にせず使ってきたんじゃが、今日はそのお話。

f:id:takatoki_hojo:20151121123406j:plain

得宗? 徳宗? 徳崇? 

まず、「得宗」について、Wiki先生を確認しておこう。

得宗(とくそう)は、鎌倉幕府北条氏惣領の家系。徳崇、徳宗とも(読みは同じ)。幕府の初代執権の北条時政を初代に数え、2代義時からその嫡流である泰時、時氏、経時、時頼、時宗、貞時、高時の9代を数える。「得宗」とは2代義時に関係する言葉で、研究者によって義時の別称、戒名、追号など意見が異なる。近年では「徳崇」の当て字・略字で、禅宗に帰依した5代時頼が、浄土宗系の宗派を信仰していた義時に贈った禅宗系の追号の可能性が指摘されている。義時流、得宗家という呼び方もある。史料においては北条氏嫡流の当主を「得宗」と指した例は少なく、行政用語であったとも考えられている。

得宗」が行政用語だとは思わんかったw それはともかく、むかし読んだ本には「得宗」は北条義時公の法名と書かれていた。じゃが義時公の法名は「観海」であり「得宗」ではない。

ちなみにワシ・北条高時が祀られている宝戒寺には「徳祟大権現」と呼ばれる祠がある。じゃからワシは、正しくは「徳崇」で、それが「徳宗」「得宗」と書かれるようになったんじゃろうと思うておった。じゃあ「徳祟って何なんだよ」と聞かれたら……「いや、義時公の嫡流でむにゃむにゃむにゃ」とお茶を濁すしかなくてのうwww

そこで、細川重男さんの『北条氏鎌倉幕府』(講談社)。本書では、この「得宗」について興味深い説明が載っている。 細川さんは「得宗」は「徳崇」の当て字、略字化で、5代執権時頼公が義時公に贈った「追号」ではないか、と推定している。

「徳崇」は北条義時追号だった?

細川重男さんは、「徳崇」であれば時頼公以後の歴代得宗法名と結びつくと指摘している。事実、時頼公以後の得宗家の法名をならべてみるとー

・時頼=道崇
時宗=道杲
・貞時=崇暁、後に崇演
・高時=崇鑑

ちなみに時宗公の連署であった北条政村殿は「覚崇」、ワシ・高時の連署金沢貞顕は「崇顕」じゃ。うん、みんな「崇」の字がついておるのう。あの日本最強の怨霊である崇徳天皇の「崇」というところが、また深イイ話であるんじゃがな。

ところて、「崇」字を法名にもつ最初の得宗は時頼公じゃが、本来は家督を継ぐべき立場ではなかったんじゃ。4代執権で兄の経時公が重病にかかり、時頼公は急遽、20歳で執権に就き、家督を継いだ。じゃが、その家督継承は評定衆の多くの支持を得られず、周囲は必ずしも納得してはいなかったらしい。とくに同じ北条一門の名越光時はあからさまに反抗の態度を示し、「我は義時が孫なり。時頼は義時が彦(曾孫)なり」と言い放ったという(「保暦間記」)。俺の方が義時公の血が濃いぞ、といいたいわけじゃな。

名越流は義時公の正室腹の次弟・北条朝時殿が祖であり、北条氏嫡流への対抗心が強かった。そこで、光時は、前将軍の藤原頼経公らとともに時頼公打倒を企てるが失敗。これが世に言う宮騒動じゃな。

このように時頼公の家督継承者としての正当性はけっして盤石ではなかった。それを自覚していた時頼公は、一族の長老である北条重時殿の娘を嫁にし、地位の強化と安定を図る。そして時宗公が生まれると、庶長子の時輔殿をさしおいて時宗公を自らの家督を継ぐものとして、あからさまに差をつけたのは、家督争いの苦い経験があったからじゃろう。

さらに時頼公は義時公に自分が帰依した禅宗系の追号「徳崇」を贈って義時公を顕彰する。そして出家後は「道崇」を法名に選び、自らが義時公の正当な継承者であることを誇示し、権威を強化しようとした。以後、北条氏嫡流は出家後の法名で「崇」を継承。これが北条氏嫡流を「徳崇」「徳宗」「得宗」と呼ぶようになった経緯じゃ。

ちなみに時宗公の法名は「道杲」で「崇」の字がついてない。じゃが、これは時宗公が急な病で倒れ、出家した当日に没したからではないじゃろうか。あるいは「崇」という字への敬意が、この頃はまだ十分に浸透していなかったからと、細川さんは推測している。これはありえる話じゃな。だとすれば、北条得宗家が天下を治める正当性を後醍醐天皇、あるいは後世に主張するために、ワシは時宗公にも「崇●」と追号しておくべきじゃったのかもしれぬ。

北条義時武内宿禰の生まれ変わり?

この細川重男さんの『北条氏鎌倉幕府』には、ほかにもさまざまな興味深い話が紹介されておる。たとえば、「古今著聞集」に記されている北条義時公が武内宿禰の生まれ変わりであるという伝説について。

ある人が(どこかの)八幡神社に参籠した夜、夢の中に白髪の老人が出てきた。すると八幡神がその老人に「これから世の中は乱れる。しばらく時政の子になって世を治めよ」と命じた。これにより、夢から覚めたこの人は、義時公が武内宿禰の生まれ変わりであることを知ったというお話じゃ。

現代の感覚からすれば、なにを戯けたことを、と思うかもしれないが、時代は中世じゃからな。しかも、この話が「今昔物語」「宇治拾遺集」と並ぶ日本三大説話集とされる「古今著聞集」に記載されているということは、少なくとも当時、人口に膾炙していたということになる。

また、平政連が、酒浸りで世捨て人になってしまったわが父・北条貞時公を戒めるために奏上した「平政連諫草」には、義時公が武内宿禰、泰時公が救世観音、時頼公が地蔵菩薩から転生した人物であるという記されている。そういえば、ワシも母上からそのように懇々と教えられたっけ。今にして思えば、こうした伝説は、北条得宗家が天下を治めることの正当性を補強するために、どこかのだれかが吹聴したと考えて差し支えないと思うが、いかがであろうかのう。

ということで、「徳祟(得宗)」という呼称も、義時公武内宿禰再誕伝説も、北条一族の内訌に終止符を打ち、得宗専制を確立していくうえで、時頼公や得宗被官のテクノクラートたちが工夫創作したということで、ほぼ間違いないじゃろう。じゃが、こうした広報・ブランディング戦略の努力を、わしは闘犬と田楽にうつつをぬかし、台無しにしてしまったというわけで、それはたいへん申し訳なく思う次第である。というより、後醍醐天皇とその取り巻きが、ワシにそういうレッテルを貼るプロパガンダを上手にやったわけじゃがな。

閑話休題、細川重男さんのこの著書はじつにわかりやすく、しかもいろんな意味で面白い。鎌倉クラスタ、北条好きにとつてはうってつけの必読書じゃ。太守のワシからも一読を強くお薦めするぞ。

北条氏と鎌倉幕府 (講談社選書メチエ)

北条氏と鎌倉幕府 (講談社選書メチエ)