読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鎌倉ではたらく太守のブログ

愛犬家で歴オタ、うつつなき者の備忘録。湘南ベルマーレを応援中。

中先代の乱〜北条相模次郎時行、いざ鎌倉へ

太平記

世間はクリスマスじゃな、年末じゃな。ということで、今日は北条時行中先代の乱についてじゃよ(ぜんぜんどうでもいい前振りですまぬ)。

f:id:takatoki_hojo:20151221223621p:plain

中先代の乱とは

中先代の乱ってなに?」という人も少なくないじゃろうが、建武2年(1335)7月、わしの遺児の亀寿丸あらため北条時行が、諏訪頼重に擁立され、鎌倉幕府再興のため挙兵した事件のことじゃ。北条の世を先代、のちの足利の世を後代と呼んで、その間に鎌倉を支配したことから、中先代の乱と呼ばれたわけじゃ。たった20日の支配じゃったことから、廿日先代(はつかせんだい)の乱ともいわれておる。鎌倉を制するものが武家を束ねる。いかに鎌倉が武家にとって重要な場所であったかがわかるであろう。なお、鎌倉最期の日、わしの息子たちがどうなったかは、こちらご覧くだされ。

さてこの時期、後醍醐天皇による建武の新政は、武家の間ですこぶる評判が悪く、各地で北条氏の残党による反乱が続いていた。たとえば九州では、執権赤橋守時の弟の九州探題・赤橋基時の養子となった、金沢流の規矩高政と糸田貞義の兄弟が蜂起したし、関東では、北条氏被官の本間・渋谷一党が相模国で挙兵した。そして京都では北条泰家西園寺公宗による後醍醐天皇暗殺未遂事件も起き、世は騒然としはじめていたのじゃ。

鎌倉幕府再興のために北条時行が挙兵

北条時行信濃挙兵は、北陸の名越時兼と呼応してのものじゃったといわれておるが、確証はない。じゃが、建武政権を慌てさせるには十分であったじゃろう。北条時行軍では、まず、信濃の豪族・保科弥三郎と四宮左衛門太郎が足利方の信濃守護・小笠原貞宗と青沼で合戦に及んだ。この間に時行を擁立した北条軍は、信濃の国司を攻め、血祭りに上げる。そして上野、武蔵へと攻め込み、女影原で渋川義季、岩松経家を破り、武蔵府中では救援に駆けつけた小山秀朝を自害に追い込む。さらに小手指ケ原では今川範満を破ると、井出の沢、鶴見で足利直義軍を撃破して、あっという間に鎌倉を奪回した。足利直義は、幽閉していた護良親王を殺害し、成良親王を担いで三河へ逃れ、ここに北条時行は正慶の元号を復活し、鎌倉幕府再興を宣言したのじゃ。

相模次郎時行には、諏訪三河守・三浦介入道・同若狭五郎・葦名判官入道・那和左近大夫・清久山城守・塩谷民部大夫・工藤四郎左衛門已下宗との大名五十余人与してげれば、伊豆・駿河・武蔵・相摸・甲斐・信濃の勢共不相付云事なし。時行其勢を率して、五万余騎、俄に信濃国に打越て、時日を不替則鎌倉へ攻上りける。渋河刑部大夫・小山判官秀朝武蔵国に出合ひ、是を支んとしけるが、共に、戦利無して、両人所々にて自害しければ、其郎従三百余人、皆両所にて被討にけり。又新田四郎上野国利根川に支て、是を防がんとしけるも、敵目に余る程の大勢なれば、一戦に勢力を被砕、二百余人被討にけり。懸りし後は、時行弥大勢に成て、既に三方より鎌倉へ押寄ると告ければ、直義朝臣は事の急なる時節、用意の兵少かりければ、角ては中々敵に利を付つべしとて、将軍の宮を具足し奉て、七月十六日の暁に、鎌倉を落給けり(「太平記」)

新田義貞の鎌倉攻めと同じ鎌倉街道を南下し、父祖伝来の地を奪還した時行の感慨はいかばかりであったか……といいたいところなのじゃが、じつはこのとき、時行はわずか10歳前後の小童だったはず。北条時行諏訪頼重・時継父子に担がれていただけで、「あっぱれ大将軍よ」という感じではなかったかもしれぬ。とはいえ新田義貞の鎌倉攻めのおり、足利千寿王(後の義詮)もわずか3歳で足利軍の大将だったわけで、その存在そのものが重要だったことはまちがいない。また子どもであっても得宗の血への自覚はあったはず。おそらく鎌倉を奪還した時行は、劫火の中で父と一族が自刃した東勝寺跡に赴いて、手を合わせる場面もあったんじゃろうよ。

ところで諏訪氏のこと。信濃国の諏訪、伊那、佐久、小県一帯はもともと比企氏の所領だったんじゃが、比企能員の乱以後、北条氏の支配となり、諏訪神社の大祝(いちばん偉い神主)をつとめる諏訪氏得宗御内人として仕え、重用されていた。しかし、鎌倉幕府が滅び、建武の新政がはじまると、北条時代に得た土地はすべて取り上げられ、諏訪氏も社領以外は没収されてしまう。こうした措置に信濃の武士たちの不満は高まっていた。しかも、諏訪上社の祭神は、出雲から大和へ国譲りが行われた際に武をもって抵抗した建御名方命(たけみなかたのみこと)という軍神。このあたりの武士団は諏訪神党として強い結束力をもち、建武政権には容易くなびかない。つまり、公家のご都合主義による圧迫に北条遺臣と諏訪神党は乾坤一擲の勝負に出たのが中先代の乱というわけなんじゃよ。

諏訪頼重、無念の最期

太平記」によれば、鎌倉に攻め込んだ北条軍は5万を超えていたらしい。まあ、太平記の数字はほとんど信用ならんが、北条軍が破竹の勢いで鎌倉に向かったことは確かじゃ。この事態に足利尊氏は、後醍醐天皇北条時行追討を願い出て、総追捕使と征夷大将軍の職を要請する。しかし後醍醐天皇はそれを許さず、尊氏は勅状を得ないまま出陣。後醍醐天皇はしかたなく、尊氏に追って征東将軍の号を与えている。

相模次郎時行是を聞て、「源氏は若干の大勢と聞ゆれば、待軍して敵に気を呑れては不叶。先ずる時は人を制するに利有り」とて、我身は鎌倉に在ながら、名越式部大輔を大将として、東海・東山両道を押て攻上る。

足利尊氏出馬を聞いた時行は進軍を命じる。もちろん、諏訪頼重、名越式部大輔らが積極策を進言したのじゃろう。しかし、快進撃を続けてきた北条軍に不運が襲う。

其勢三万余騎、八月三日鎌倉を立たんとしける夜、俄に大風吹いて、家々を吹破ける間、天災を遁れんとて大仏殿の中へ逃入り、各身を縮て居たりけるに、大仏殿の棟梁、微塵に折れて倒れける間、其内にあつまり居たる軍兵共五百余人、一人も不残圧にうてて死にけり。戦場に趣く門出にかかる天災に逢ふ。

うーん、踏んだり蹴ったりじゃ。諏訪社の軍神も尊氏出馬と聞いて、北条を見放したのか。けっきょく直義と合流した尊氏は各地で激戦を繰り広げながら進軍。劣勢の北条軍はついに鎌倉を支えきれず、諏訪頼重らは勝長寿院で自害し、時行は逃亡する。

始め遠江の橋本より、佐夜の中山・江尻・高橋・箱根山相模川・片瀬・腰越・十間坂、此等十七箇度の戦ひに、平家二万余騎の兵共、或は討れ或は疵を蒙りて、今僅に三百余騎に成ければ、諏訪三河守を始として宗との大名四十三人、大御堂の内に走入り、同く皆自害して名を滅亡の跡にぞ留めける。其死骸を見るに、皆面の皮を剥で何れをそれとも見分ざれば、相模次郎時行も、定て此内にぞ在らんと、聞人哀れを催しけり。

自刃した諏訪頼重は顔の皮をはぎ取って、遺体からその名が分らぬようにしたという。何と酷いことであろう。それにしても北条氏は、わしが自刃した時もそうじゃったが、じつに結束の固い一族じゃな。

ちなみに、北陸で挙兵した名越時兼も鎮圧されてしまい、北条氏による幕府再興ね夢は露と消える。じゃが、北条時行は忠義の者に守られて鎌倉を逃れ、この後も戦い続けることになるが、その話はまたいずれの機会に。