読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鎌倉ではたらく太守のブログ

愛犬家で歴オタ、うつつなき者の備忘録。湘南ベルマーレを応援中。

遠藤航、永木亮太、秋元陽太が移籍〜それでも、湘南があるから、俺らはここにいる

2015シーズンを年間8位と躍進した湘南ベルマーレ。その結果、皮肉なことに主力選手が他クラブに引き抜かれ、なんとも残念でやるせないシーズンオフとなってしまった。おまけに社長退任でゴタゴタしたし、胸スポンサーも未だ決まらず。「選手の成長にクラブ経営が追いついていけない」と多くの人が指摘する通り、今しばらくはブロビンチャの宿命として「現実」を受け止めて前に進むしかないようじゃ。真壁会長はシーズン終了のとき「いつまでも小さなクラブにあまんじているつもりはない」とはいっていたがのう……

f:id:takatoki_hojo:20151230225307j:plain

湘南乃誇・遠藤航浦和レッズ

湘南乃誇こと若大将・遠藤航は2年越しのオファーにより浦和レッズへ。ユース育ちで2010年から大切に育て、日本代表にも選出された航の移籍というニュースは、ベルマーレサポーターにとってとんでもないクリスマスプレゼントになってしまった。湘南は赤い悪魔に「魂」を抜き去られてしまったのじゃ……

ACLに出場したいという気持ちがあること、そしてJ1で常に上位争いをするチームで、大きなプレッシャーのある中でプレーすることが今の自分の一番成長に繋がると考え、移籍の決断をしました。 湘南から海外へ行くことが理想だと言ってもらうことも多かったのですが、オファーもまだなかったですし、海外にいくタイミングというのは自分なりに考えているので、その想いを理解していただけたらと思います。

うん……理解するよ。でも、航には湘南から五輪へ、W杯へ、そして世界へという想いをわれわれももっていただけに、残念じゃよ。ただ、待遇面、環境面を考えて、アスリートとして下した決断はたぶんまちがいではないし、むしろクラブ側が引き止められなかったという事実を受け止めるべきじゃろう。

f:id:takatoki_hojo:20151230204156j:plain

湘南乃証・永木亮太鹿島アントラーズ

そして、キャプテンの永木亮太は鹿島へ。湘南スタイルの継承という意味では、ひょっとしたら航よりも永木を失うことの方が痛手は大きいかもしれない。FKももちろんじゃが、なにより、永木がボールを奪った瞬間に湘南の攻撃のスイッチが入る。この瞬間がたまらない!とスタジアムに足を運ぶサポーターも少なくなかったのではないじゃろうか。

鹿島からオファーをいただいて以来、移籍を決めるまでは本当に悩みましたが、一番の決め手となったのは、鹿島という伝統ある常勝軍団のスタイルの中に入り、また新しい経験をしたいということ、また今までJ1でたくさんのタイトルを獲ってきたチームの中に自分も入り、色々なことを学びながらチームに貢献し、タイトルを獲りたいという気持ちになりました。

永木も年齢的なことを考えれば、ここでステップアップのために環境を変えようと決断したことは、これまた理にかなっていると思う。航も永木も一度はオファーを断って湘南に残る決断をしてくれておるし、感謝こそすれ文句を言うことなどできない。じゃが、永木はだれもが認める「湘南乃証」。つまり永木がいなくなるということは、「湘南が湘南でなくなる」ということなんじゃ。それくらいダメージが大きいんじゃよ。

f:id:takatoki_hojo:20151230210546p:plain 

秋元陽太FC東京へ。そして、レンタル組も軒並み片道切符

そして湘南の攻勢防御(ファイヤーをール)こと正GKの秋元陽太は権田の後釜としてFC東京へ。航や永木ほどウエットな感覚はないかもしれんが、秋元の神セーブのおかげてどれだけ救われたかを勘定したら、この引き抜きは来シーズンの致命傷にもなりかねない。松本山雅から村山を獲得したけれど、秋元と比べちゃうとね。湘南戦でゴールを決められ体育座りしていたシーンは目に焼き付いているし……心配じゃ。

それとレンタル組で活躍した連中がみんな帰ってこないというのもいかがなものじゃろうか。まあ、どこまで本気で説得したのかようわからないけれど、かつての三平といい、岩上といい、はたしてこれでよいのか?

でも亀川については、まあ、帰ってこないじゃろうと思っておった。五輪を控えているし、福岡であればレギュラー確約。給与面も湘南よりいいじゃろうし、湘南のサイド/ウィングは、けっこうレギュラー争い激しいから、戻ってくる理由がない。湘南としても移籍金もらえればいいや、というところだったかもしれないのう。

そういう点では梶川諒太が片道切符だったのも納得。ただ、個人的に彼のプレイスタイルは好きじゃったし、移籍金払って東京Vから獲得したことを考えれば、もったいない感じはするんじゃが。結果として、2014年J2開幕戦が、湘南での彼のすべてを狂わせてしまったということで、潔くあきらめるとするか。いまではもう、長崎の攻撃のキーマンなんじゃしな。

白井も愛媛で開花し、存在感をあげたから、湘南に戻る理由はないよね。愛媛がプレイオフに出てきて、白井がジョーカーとして活躍しているのは、見ていてとてもうれしい気分じゃったぞ。湘南を見返すような成長と活躍を祈っておる。

ただ、岩尾は戻って欲しかった!水戸での活躍は「さすが!」の一言。磐田の名波監督もべた褒めしていたし、たとえ永木がいなくなっても、岩尾さえ戻ってくればなんとかなるのでは?と思っておっただけに、徳島にとられるとはじつにもったいない。三顧の礼で戻ってきてもらうべきだったと思うんだけど、どうなんじゃろう。

山田直輝はレンタル延長、新戦力も少しずつ

ちなみに、湘南に新加入してくれる選手も発表になっている。横浜FMから端戸と奈良輪、松本山雅から村山、甲府から下田北斗、そして青森山田高から神谷、桐蔭横浜大学から山根を獲得。でもね、すまぬがどんな選手なのか、いまいちよく知らんのよw

下田は平塚出身らしいね。2009年、あの甲府との小瀬決戦で、喜びのあまりサポーターが殺到して手すりをひん曲げてしまったゴール裏で、湘南を応援していたんだとか。いやいや、因縁じゃなあ。なんか、もうそれだけで応援したくなるぞ。坂本紘司のゴールは目に焼き付けているじゃろうし、湘南乃証&誇を受け継いでくれるのは、ひょっとしたら下田かもしれぬぞ。

山田直輝のレンタル延長もうれしいニュースではある。今年はいまひとつフィットしていなかった印象じゃが、来シーズンは勝負の年。スタメンを勝ち取り、ぜひ、浦和戦で遠藤航をぶちぬいてゴールを決めてほしい。そんなことになったら、ワシ、泣くわw ただし…成長したら浦和に帰るというのは無しということでよろしく。

ほかにも千葉からパウリーニョを獲得するという報道もあった。これがほんとうであれば大きな補強になるように思う。ここに強力な外国人FWでもはまったら、けっこういけるんじゃね?という気もしてきた。航や亀の移籍マネー、あるでしょう? なんせわれわれには、ミスターモチベーション・曺貴裁監督がついているんじゃからな。

正直いって、大切に育ててきた選手を引き抜かれ、レンタルで活躍した選手が帰ってきてくれない現状は悲しいし、頭にくる。

じゃが……湘南があるから、俺らはここにいる。

閑話休題、だれが抜けようが、だれが入ってこようが、われわれは応援するのみ。来年は浦和を、鹿島を、東京を、福岡をぶっ倒す!