読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鎌倉ではたらく太守のブログ

愛犬家で歴オタ、うつつなき者の備忘録。湘南ベルマーレを応援中。

湘南ベルマーレ、2016シーズンはジャンプアップ&ウィズユー・スピリットで挑み、越えてゆこう!

湘南ベルマーレの2016シーズンの新体制が発表された。年末年始、遠藤航永木亮太秋元陽太といった昨年の躍進を支えた主力選手がぶっこぬかれ、おまけに社長と強化部長までクラブを去ってしまい、お金のないクラブの悲哀をしみじみと味わった。世間では早くも湘南が降格候補に名乗り、みたいなことをいっている人もおる。じゃが、曺貴裁監督が残ってくれたことにより、湘南のスピリットとスタイルは今シーズンも継続されることは、じつに心強い。

f:id:takatoki_hojo:20160117183826j:plain

主力が抜けたことによる戦力ダウンということについて質問された曺貴裁監督は、こう答えたそうじゃ。

僕は監督になってから主力やレギュラーという言葉を使ったことは1回もなくて、ただチームとして主将と副将を失ったという事実はあると思います。(中略)チームが勝つことではなく選手を成長させることがいちばんの仕事という意味では、主将と副将が抜けて、いろんな意味で新しくチームが生まれ変わるなかで、すごく楽しみなシーズンになるなと自分では思っている。言われるような戦力ダウンはまったく考えてないです。

あらためて、曺貴裁監督の「覚悟」をみた思いがするのう。現実の問題として、そりゃあ、だれがみたって戦力ダウンじゃよ。昨シーズン、永木と航が不在だったときのゲームは、けっしてほめられたものじゃなかったし。

じゃが、湘南ベルマーレというクラブは、選手をどっかから強奪してきてつねに優勝を目指すのではなく、選手個々の成長を促しながら勝利をもぎとっていくことが命題であり、それに挑み続けるのが真骨頂。もちろん、育てて売って、育ててまた売って、というのでいいのかといわれれば、そうではないんじゃが、湘南ベルマーレというクラブの現在の立ち位置からすれば、これはもういたしかたないわけじゃ。

今シーズンもまた、若手、中堅選手のさらなる成長、元クラブで出番がなくて湘南に移籍してきた選手たちの飛躍をもって、昨年よりさらなる高みを目指していくことになる。まだまだのびしろがあるクラブだし、そう考えれば、今シーズンへの期待は自ずと高まるし、曺貴裁というリーダーの存在はとてつもなく大きい。

今シーズンのクラブのキャッチフレーズは「挑越。湘南EXPRESSは、2016年も走り続けます」。つねに目の前の山に挑戦し、それを乗り越え、つぎの山に挑んで、止まることなくひとつひとつ高みを目指していくという決意をこめたものじゃ。

我々は今年5シーズン目になって、腰が引けて前に大きな高い山があったときに、後ろに下がるサッカーをするのではなく、やっぱり挑んでいきたい。(中略)我々はスタート地点に立ち、目的地があったらそこまで一気に走り続ける。わき目もふらず、雨が降ろうが槍が降ろうが雪が降ろうが、周りにぶれることなくまっすぐ進んでいく。

そして、行動指針としての「ジャンプアップ・スピリット」と「ウィズユー・スピリット」。いかにも曺貴裁監督らしいし、湘南ベルマーレというクラブにぴったりじゃな。

優勝したからといって全部がよかったわけではない。逆に30位になったからといって全部が悪かったわけではないと思います。ただし価値というのは僕たち現場と会社とここにいる選手たちと、皆さんとサポーターのひとが、やっぱり一生懸命1シーズンしっかりやった、一生懸命自分たちの目標に向かって戦い抜いたということが、手前みそではなくいろんなところに広がるのが僕は価値だと思うので、ここでその価値というものをあらためて見つめ直して、一人ひとりがジャンプアップスピリットを持つこと、もうひとつは周りやチームが勝って喜んでいける、ウィズユー・スピリットを持てること、その2つのスピリットを大事にすることがほんとうの選手、人間としての価値だと思う。

どの監督、クラブもこれと同じようなことはいっておる。じゃが、優勝を義務付けられているクラブのそれは、時にどこか空々しい感じかするんじゃよ。勝利を先に考えるか、成長を先に考えるか。もちろんどっちも大事じゃし、クラブの成熟度愛によっても異なるじゃろうが、原則は選手の成長なくしてクラブの存続はありえんわけで、少なくとも曺貴裁監督は今シーズンも後者を基本としておる。わしもそれを支持したい。そうでなければ湘南は湘南ではなくなってしまうからな。

ほんとうは、新加入の選手についても書こうと思っていたんじゃが、チョウさんについて思いの外長くなってしまったので、それについてはまた、次回あらためて。