読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鎌倉ではたらく太守のブログ

愛犬家で歴オタ、うつつなき者の備忘録。湘南ベルマーレを応援中。

2016シーズンも湘南ベルマーレが躍進できると思う根拠のいくつか

蹴鞠もろくにやらないし、サッカーは観戦専門の素人で、インドア派を基本とするわしが、じつに仰々しいタイトルをつけてしまったが、これは現実味のあることなんじゃよ。

f:id:takatoki_hojo:20151025105537j:plain

なんといってもチョウさんが残ってくれたからな。これについては先日も書いたので、それを読んでもらうとして、きょうは2016シーズンの新戦力について、好き勝手に書かせてもらおうと思う。

永木亮太は去ったけど、パウリーニョがやってきた! 

まずは千葉からパウリーニョをレンタルで獲得できたのがでかいな。永木の抜けた穴をどう埋めるかという課題には、この男が答えてくれるはずじゃ。

ボールを奪うということにかけては遜色なさそうやし、ミドルシュートも強烈。千葉で主将をつとめていたんじゃから、ピッチ内でのキャプテンシーも申し分ない。ほんと、的確すぎる補強で、今オフの主力流失による鬱々した気分を雲散霧消したよ。フォメがどうなるかはわからんが、中盤の攻守のキーマン獲得で、この部分については戦力ダウンどころか、上積みの可能性すらあると、わしは思うぞ。

もちろんボランチには菊地俊介が健在で、なんといっても石川俊輝というタレントもおる。新・平塚の男こと下田北斗甲府から移籍してきたし、ユース育ちで期待の斎藤未月も加入した。社長と強化部長退任にもかかわらず、このあたりの強化はフロントとしては、ほんとグッジョブじゃないかなと思う。

遠藤航古林将太は移籍したけど、岡本拓也奈良輪雄太がやってきた!

浦和から岡本拓也をとってきたのも、選手起用のバリエーションが広がりそうじゃな。もっともわしは、岡本については原口元気と喧嘩になって、肩を蹴られて脱臼した例の事件のイメージしかないんじゃがな。あれ、下手すりゃ傷害事件じゃよwww 

それはともかく、岡本は、あの宇佐美も評価したフィジカルモンスターらしいし、サイドバックもこなせると聞いておる。フィードに物足りなさもあるようじゃが、遠藤航の抜けた穴を埋める第一候補が岡本だとすれば、今シーズンの浦和戦はほんとうに楽しみじゃな。坪井慶介もいるし、山田直輝もレンタル延長したしな。

もっとも、岡本は今シーズン、チョウさんの指導で覚醒したとしても、山田直輝といっしょに返却するのが既定路線というのは玉に瑕じゃ。その点、マリノスからきた奈良輪雄太は完全移籍じゃから、どんどん成長してぜひ、レギュラーをとってほしいところじゃ。奈良輪はコバショーが抜けた右ウィングを藤田征也と争うんじゃろうが、遠藤航のかわりに3バックの右として起用される可能性もあるじゃろう。

ここには、いまなお成長を続ける坪井慶介、もっている男シマムがおるし、熊本からレンンタルバックの岡崎亮平もおる。あるいは菊地俊介の起用もあるじゃろうし、熾烈なポジション争いを勝ち抜いた男が、航を越えるパフォーマンスをみせてくれることを期待しておる。今シーズンの選手構成を見ると4バックになるかもしれないし、チョウさんがどんな布陣をみせてくれるのか、そこも楽しみじゃな。

新守護神に村山智彦、そしてベラピが名乗り!

秋元陽太クラブを去って新守護神がだれになるのか、じつはここはかなり不安だxっやんじゃが、メルボルン・シティFCからタンドウ ベラピを、松本山雅から村山智彦を獲得。

ベラピは、ジンバブエ人の父と日本人の母をもつ元オーストラリア代表。日本語も不自由ないみたいじゃし、たぶんチームに溶け込むのも早いじゃろう。一気に人気者になる可能性もある。

村山智彦は、湘南戦でゴールを割られ、松本山雅サポから「体育座り」とか揶揄されていた印象が強すぎて、悪いけどはじめは「え?」と思っておった。じゃが、SAGAWA SHIGAでJFL優勝に貢献したものの、クラブは消滅。松本山雅に拾ってもらって、そこからJ1の舞台へと駆け上がった男じゃし、山雅を離れるのは相当な覚悟だったじゃろう。それに、すごいいい男っぽいじゃないか。

まあ、どちらがスタメンなのかは今のところはわからないが、梶川裕嗣、伊藤剛も加えた4人で、ハイレベルな競争がなされれば、秋元陽太が抜けてもノープロブレムじゃよ。

端戸仁、神谷優太が加入した攻撃陣も楽しみ

ちょっと気になるとすれば攻撃陣、とくにてっぺんのCFWじゃな。これは昨年も試行錯誤したが今年も補強はなし。とりあえずはキリノ藤田祥史、あるいは大槻周平あたりが第一候補なんじゃろうが、やや心配ではある。マリノスから来た端戸仁も、青森山田から来た神谷優太も、持ち味はそこではなさそうじゃからな。

そのぶんシャドーというか、セカンドトップの争いは熾烈。高山薫新キャプテン、大竹洋平山田直輝もいるし、ひょっとしたら菊池大介だってありえる。今年もFW陣は最適な組み合わせを追求していくことになるじゃろうが、全員が怪我なく本来のポテンシャルを発揮すれば、メンツ的には十二分に戦えるじゃろう。

それとレンタルバックの田村翔太。同級生の浅野には差をつけられた感はあるが、今年は勝負の一年と本人も覚悟を決めておるじゃろうから、意地をみせてほしい。桐蔭横浜大からきた山根視来は怪我を早く治すすこと、これに尽きるね。

菊池大介三竿雄斗、アンドレ・バイア、高山薫はなんとなくポジション安泰な印象はあるけど、彼らをつきあげるような選手が出てくると、これまた競争が激しくなって、全体の底上げができる。選手諸君にはジャンプアップ・スピリットとウィズユー・スピリットで、ぜひ、昨年の自分に挑み、越えていってほしいと切に願う。

なんじゃか、書いているうちに「根拠いくつか」というより「期待することいくつか」みたいになってしまって、タイトルに偽りあり、という内容になってしまったが、要するにわしは、今年もまたいいシーズンを迎えられそうなワクワク感でいっぱいなんじゃよ。永木と航が抜けたことはもちろん戦力ダウンなんじゃが、そのぶん、残った選手、新加入の選手が高いレベルで切磋琢磨し、レギュラー争いしてくれれば、笑顔でシーズンオフを迎えられる、そんな気がしてしかたがないんじゃよ。まあ、この時期は、どこのクラブのサポもそうなんじゃろうけどな。

ちなみに湘南の開幕戦はホームでアルビレックス新潟、第2戦が等々力で川崎フロンターレと発表された。まずはいい準備をしてもらって、まずはここで進化した湘南スタイルをみせてもらおうじゃないか。