読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鎌倉ではたらく太守のブログ

愛犬家で歴オタ、うつつなき者の備忘録。湘南ベルマーレを応援中。

湘南 vs 鹿島 ふがいない結果でも、ふつうにサッカーをみられる幸せ

湘南ベルマーレ
もうね、今日は湘南云々じゃなくて、鹿島が強すぎただけじゃよ(震え声)。じゃから、引きづるのはやめる。つぎの試合はちゃんと0-0からはじまるんじゃから。とはいえ……
f:id:takatoki_hojo:20160417123416j:image
 
2016 J1 1stステージ第7節 @ BMWスタジアムShonan平塚
 
好調鹿島を相手に厳しい試合になることはわかっていたけれど、いやいや、酷かった。こっぱみじんだわ。これで開幕7戦勝ち星なし。もはや悔しさを突き抜けて、少年サッカーの保護者の心境、菩薩の境地じゃな。
とにかく失点が多すぎる。この試合は4バックを採用するなど、非公開練習までしてチョウさんも対策はとったんじゃが堂々の3失点。せっかくサトミキが来てくれたのに、残念な結果に終わってしまった。
 
鹿島の巧さといえばそれまでじゃが、湘南はパスの出しどころを抑えきれず、最終ラインもあっさり裏をとられる。そこに金崎とかちゃんと決める選手がいるし。
GKにすべての責任を負わせるわけじゃないが、村山もチームを鼓舞するプレイは皆無じゃったし、2回連続でサイドラインを割ってしまったゴールキックは、スタンドまでしょんぼりさせてしまった。ただ、あからさまにため息つかれると、村山自身のメンタルも凹むだろうから、いま考えればサポとしてあれはよくなったかも。
ストロングポイントであるはずの球際も勝てなった。攻撃のスイッチを入れる選手も不在。交代で入った選手も流れを変えることができない。それでもチャンスも何度かあったけど決められないのはいつものこと。今日は気持ち的にも縦の美学もなにもあったもんじゃなく、このまま試合終了。
 
湘南サポにとってはじつに見所に乏しいゲームじゃったが、高山が永木とやりあってぶっ倒したシーンは唯一見応えがあったぞ。
それにしても、鹿島サポの永木コールはやはり複雑じゃったな。試合後、永木はスタンドをぐるりと回って挨拶に来てくれたが、古巣の劣化ぶりをみて、どう感じていたんじゃろうか。まあ、永木も小笠原や柴崎のバックアップじゃなくて、実力でレギュラー奪うようにならないと、せっかく手が届きそうだった日本代表が逃げていってしまうぞ。それじゃあ、なんのために移籍したんだかわからないから、とにかく頑張っておくれよ。
今年の当ブログはどんなに負けても「毒を吐かない」ことを公約に掲げているので、もうこのあたりでおしまいにしておく。

村山のチャントはなかなかかっこうよかったぞ。GKはウォーミングアップでいちばん最初に出てくるから、いいチャントだと試合そのものも盛り上がる。あとは村山がチャント負けしないちゃんとしたプレイをしてくれるのを期待しよう(このダジャレをいいたかっただけなんじゃw)。
長谷川アーリアジャスールのチャントもいいぞ。アーリアがゴールを決めて、みんなでこれを歌ったら、ぜったいに楽しいし、いい雰囲気のスタジアムがつくれるはず。その雰囲気こそが、わしらが待っている「最高の週末」なんじゃから。
 
f:id:takatoki_hojo:20160417123513j:image  
試合前に熊本地震の犠牲者に黙祷。地震の影響で、今節はいくつかの試合が中止となった。たとえ負けても、どんなにふがいない試合をみせられても、こうしてビール飲んで、スタグル食べて、サッカーをみて、喜怒哀楽をみんなで共有できる日常に、あらためて感謝せねばならぬな。もちろん、選手たちも同じ気持ちじゃろう。鹿島の植田の涙をみて、つくづくそう思ったよ。
 
亡くなられた方に謹んで哀悼の意を表し、被災されたかたへ心からのお見舞いを申し上げます。被災地の一日も早い復旧と、最高の週末が戻ってくることを、心よりお祈りいたします。