読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鎌倉ではたらく太守のブログ

愛犬家で歴オタ、うつつなき者の備忘録。湘南ベルマーレを応援中。

湘南 VS 磐田…たのしめてるか。はい、引き分けだけどたのしめたよ

今日も仕事で参戦できず。しかも、人身事故で激混みの電車に吐きそうになりながらの帰宅。情報封鎖して帰宅後、スカパーオンデマンドで録画参戦したけれど……勝てなかったな、きょうも。

f:id:takatoki_hojo:20160421011201j:plain

Jリーグ ヤマザキナビスコ杯 GS第4節 @ BMWスタジアム
湘南ベルマーレ 0-0 ジュビロ磐田

勝てなかったけど、気分は悪くないんじゃ。心なしかテレビ画面にうつるサポにも、それほど落胆の表情はみられなかったし。いかにもナビスコのグループステージといったゲームといえなくもないがな。

ご飯食べながらいい加減にみていたからかもしれんが、前半は見どころなく、湘南はぐだぐだ。じゃが、後半残り20分、菊池大介投入でたしかに流れが変わった。そして高山が入ると一転して湘南ペースで試合が進み、迫力ある攻めをみることができた。まあ、うちもそうじゃが磐田もナビスコ仕様のメンバーじゃから、そこはさっ引いてみなければいかんのじゃが、大介、高山の存在感をあらためて感じたよ。それと藤田祥史が90分間よく走っていた。33歳、大したもんよ。じゃが、岡崎からの裏へのロングパス決めて欲しかったぞ。

齋藤未月のあのヘディングはすごかった。惜しくもはずれたけれど気迫を感じたぞ。小柄なのにガチガチいってたし、まだ17歳じゃろ? そのへんのふつうの高校生の顔しとるが、頼もしいのう! いっぽう、途中交代で入って未月とダブルボランチを組んだ神谷優太は18歳のくせにじつに落ち着いたプレイぶり。実況では、チョウさんは神谷のこと「スター」と呼んでるといっていたけど、たしかにスター性十分。この青春真っ盛りのダブルボランチは湘南にとって、フレッシュで明るい話題じゃよ。

そして、今夜は無失点というのが好印象。毎回毎回ボロボロ点取られると気分が滅入ってくるからな。こんな感じでリーグ戦も頼むし。

ということで、若手が頑張った今日の試合は、それなりにたのしめたぞ。これでリズムが変わるのか? 答えは次の大宮戦でみせておくれよ。

気がかりなのは武田英二郎の途中退場。負傷ではなく体調不良らしいが、担架で運ばれていったし、かなり心配。大事に至らないことを祈っておる。

あと大槻周平、そろそろ決めてください。おねがいします。大槻が決めるとリズムが出てくるような気がするんじゃよ、わし。