鎌倉ではたらく太守のブログ

愛犬家で歴オタ、うつつなき者の備忘録。湘南ベルマーレを応援中。

鎌倉悪源太・源義平のこと

逗子の沼間にある光照寺。開山は不明じゃが、鎌倉悪源太とよばれた源義朝公の長男・義平殿の菩提を弔うために建てられたと伝えられている。鎌倉悪源太…いかにも恐ろしい、悪そうな名じゃが、なかなかどうして、ナイスガイだったそうじゃよ。

f:id:takatoki_hojo:20160503144115j:plain

鎌倉悪源太義平とは?

義平殿は永治元年(1141)の生まれ。母親は三浦義明の娘といわれておるが、京都・橋本の遊女という説もあり、詳しいことはわからない。じゃが、義平殿は義朝公18歳のときに生まれた計算になり、この頃には義朝公は関東に出てきておるから、三浦の息女説をわしはとりたいと思う。おそらく、この沼浜あたりで、わんぱくな少年期を過ごしたことじゃろう。とはいえ母親の家柄の関係からか、義平殿は義朝公の長男ではあったが、嫡男という扱いではなかったようじゃ。

義平殿は、とにかく鎮西八郎為朝公と並んで歴代源氏でも有数の剛の者。久寿2年(1155年)には、義朝公と対立する叔父の源義賢を攻めて見事に討ちとり、その武名を轟かせた。このとき、義平殿はわずか15歳。この大蔵合戦以後、義平殿は「鎌倉悪源太」と呼ばれるようになる。なお、「悪」というのはべつに悪者という意味ではなく、「強い」「猛々しい」という意味。すなはち「鎌倉の剛勇な源氏の長男」ということなのでねんのため。

平治の乱での大活躍

平治元年(1159)、平治の乱が勃発すると義平殿は三浦氏や上総氏など、関東の軍勢を率いて、この沼浜館から京都へ向かう。急なクーデターということもあって、数はそれほどでもないが、義朝公を支える東国武士の精鋭たちじゃ。

ちょうど義平殿が京に到着したとき、宮中では藤原信頼らによる除目(官職を任命するための会議)の最中であった。「平治物語」では、勝利に奢った藤原信頼お手盛りの除目を行い、義平殿にも「大国でも小国でも望みの官位を呉れてやるぞ」と上機嫌でたずねている。これに対して義平殿はつぎのように述べたとある。

「保元に伯父鎮西八郎為朝を、宇治殿の御前にて蔵人になされければ、急々なる除目かなと、辞し申けるはことはりかな。義平に勢を給候へ。阿辺野辺にかけむかひ、清盛が下向をまたん程に、浄衣ばかりにてのぼらん所を、眞中にとりこめて一度にうつべし。もし命をたすからんと思はゞ、山林へぞにげこもり候はむずらん。しからば追っつめとらへて、首をはね獄門にかけて、其後信西をほろぼし、世もしづまりてこそ、大国も小国も官も加階もすゝみ侍らめ。みえたる事もなきに、かねてなりて何かし候べき。たゞ義平は東国にて兵どもによび付られて候へば、もとの悪源太にて候はん。」

「浮かれてる場合かよ!」と。まったくそのとおりなんじゃが、これを聞いた信頼はたちまち機嫌が悪くなったらしい。「乱暴なことをいうな。阿倍野まで行ったら疲れてしまうわ。清盛はあとでゆっくり討ち取ればよいではないか」 「平治物語」の作者はこれを「ひとへに運のつきけるゆへにこそ」と書いているが、まあ、藤原信頼という日本一の不覚者に合力した時点で源氏は詰んでしまったということじゃ。

さて、戦が始まる。御所の待賢門は藤原信頼が守っていたが、平清盛の嫡男・重盛にいとも簡単に突破されてしまう。これをみた義平殿は義朝公の命により吶喊する。

「此手の大将は誰人ぞ。名のれきかん。かう申は清和天皇九代の後胤、左馬頭義朝が嫡子、鎌倉悪源太義平と申者也。生年十五のとし、武蔵国大蔵の軍の大将として、伯父太刀帯先生義賢をうちしより以来、度々の合戦に一度も不覚の名をとらず。とし積って十九歳、見参せん。」

義平殿はわずか17騎で駆け出し、平重盛軍500騎を蹴散らす。そして重盛を討ち取ろうと内裏の左近の桜、右近の橘の間を7、8度も追い回したという。これぞ「平治物語」のハイライト場面じゃな。

f:id:takatoki_hojo:20160505141325j:plain

悪源太、誅される

けっきょく平治の乱で源氏は平氏に敗れてしまう。東国をめざして落ちていった義平殿は、美濃国青墓で義朝公らと別れて、飛騨国へと逃れている。そして義朝公の死を知ると、平清盛、重盛を暗殺するため京に潜伏する。じゃが、その風貌はいかにも悪源太じゃったからす 、近江国石山寺に潜伏していたところを捕縛され、六条河原で処刑されてしまうんじゃ。

このとき義平殿は、斬首役の武士を嘲笑いながら、こう言い放ったという。

「やれ、をのれは義平が首うつほどの者か。はれの所作ぞ。ようきれ。あしうきるならば、しやつらにくいつかむずるぞ。」

斬首役の武士が「おかしなことをいうやつだ。首を切られた後、どうやって俺にくいつくのだ」というと、義平殿は言い返す。

「誠に只今くいつかんずるにはあらず。つゐには必雷と成て、けころさんずるぞ。」と

このあと義平殿は「ようきれ。」とてふりかえり、にらみつけたという。そして、その武士は、後日、義平殿が宣言したとおり、ほんとうに雷に打たれて死んでしまったというのがこの話のオチじゃ。鎌倉悪源太義平殿。最強じゃな。

大河ドラマ平清盛」では、波岡一喜さんという役者が義平殿演じていたが、イメージ的にはどんぴしゃり。この顔で凄まれたら……怖いわ。

f:id:takatoki_hojo:20160504231016p:plain

悪源太義平と青葉の笛

平治の乱に敗れた義平殿は、再起をはかるために越前大野に落ち延び、里の村長・朝日助左衛の娘おみつと、束の間の平穏な生活を送っていたという。じゃが、義朝公の死を聞いた義平殿は、おみつに一本の横笛を遺し、父の仇を討つために京へ戻っていく。

この笛は「青葉の横笛」とよばれ、おみつの縁者である朝日家に代々伝えられ、いまなお現存しているという。もっとも、この伝説は後世の人の創作ともいわれておるが、鎌倉悪源太唯一のロマンス、いちいちそんなこと指摘するのは、これはもう野暮というもんじゃよ。

笛資料館 - 名水のまち 越前おおの観光ガイド