読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鎌倉ではたらく太守のブログ

愛犬家で歴オタ、うつつなき者の備忘録。湘南ベルマーレを応援中。

仙台 VS 湘南 またまた一発に沈んで、嗚呼、3連敗。

湘南ベルマーレ

鳥栖豊田陽平、神戸は渡邉千真(とレアンドロ)、そして今夜の仙台はウィルソンと、いずれも相手エースの一撃に沈められ、降格圏脱出と中位進出を目論む湘南にとって大事な3連戦は3連敗という最悪の結果に終わってしまった。

f:id:takatoki_hojo:20160724131345p:plain

2016 J1 2ndステージ 第6節 @ユアテックスタジアム
ベガルタ仙台 1−0 湘南ベルマーレ

よく粘って守っていたんだけどね。後半、少しバランスがよくなって攻勢に出たところをやられてしまった。苦しいときに決めてくれるのがエースだとすれば、仙台にはウィルソンがいて、湘南にはいないということ。そもそもチョウさんいわく、「このチームにはレギュラーはいない」といってるからね。じゃが、さいごはバイアを前線に上げざるをえないようでは、チョウさんも苦しい。交代カードも神谷優太、齊藤未月。もちろん期待の若手じゃが、彼らに頼らざるを得ないというのもいかがなものかと…今日のところはやることはやったけど万策尽きた、そんな感じかな。

そもそも、突出した個に頼らない(頼れない?)チームづくりをしてきたんじゃからしかたがない。ピッチに出た選手一人ひとりが最後まで手も足も出し続けるしかない。いや、サッカーだから手を出しちゃいけないんじゃがw

こういうときにがんばってほしいのは、やはり菊地大介。今日はシャドーで何度か見せ場をつくったけどゴールならず。いま、苦しんでいるチームを牽引できるのは、大介しかいないとわしは思っておるんじゃ。なんせ「湘南乃星」なんじゃからな。大介がゴールを決めれば、ベンチもサポーターも盛り上がるんじゃよ。

そして、わしらは応援するのみじゃ。たとえ現地に行けなくても、テレビの前からでも、スマホの速報をにらみながらでも。これから強豪相手の連戦が続く。砂を噛むような思いが続くかもしれん。じゃが、わしらは信じて歌うしかない苦渋を挑越した先の歓喜を知っているんじゃから。

そうじゃろう? そもそもネガっていても気分悪くなるだけじゃからさ。