読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鎌倉ではたらく太守のブログ

愛犬家で歴オタ、うつつなき者の備忘録。湘南ベルマーレを応援中。

浦和 VS 湘南 今シーズン2度目の5連敗、今夜もレッズは強かった……

長い間、縦に紡ぎし湘南のチャレンジが、厳しい現実を前にガラガラと崩れていく。そんな感覚にすらおそわれたショッキングな敗戦じゃった。これで湘南は2度目の5連敗。ここはふんばりどころだったんじゃがな……今夜も浦和レッズは強かったということで。

f:id:takatoki_hojo:20160807121206j:plain

2016 J1 2ndステージ 第7節 @ 埼玉スタジアム2002
浦和レッズ 2−1 湘南ベルマーレ

必ず勝点をもちかえる。選手もスタンドも、みんな同じ思いじゃったはず。事実、そんな気迫を感じられる立ち上がりではあった。強敵を相手に勇気をもって最終ラインは高く、前線からの連動した守備でボールを奪って前へ。じゃが、開始10分足らずで、浦和に高く保ったバックラインの裏をつかれてしまう。

西川周作が「ねらっていた」というロングフィード関根貴大が素早く反応。「え、なんで? なんで?」と、ずっこけてしまう先制点の奪われ方に思わずため息が……あの場面、ボールの落下点が絶妙じゃったし、GKとしては迷う難しい判断に迫られたとは思うんじゃが、村山はなんとかできなかったのか。ある意味、究極の「縦の美学」を浦和にしてやられてしまったということで、皮肉なもんじゃな。まさかボールと関根のアタマを間違えたなんてことはないよな。

武藤雄樹にやられた2失点目は、前がかりにいったところをカウンターでやられてしまった。岡本も必死にもどってきてクリアしたんじゃがな。ボールが目の前にこぼれてくるなんて、これがストライカーというものなのか。このあたり、連敗中の湘南にはつきもない。

それでも菊池大介が裏に抜け、折り返したところを、大槻周平がでんぐりがえしシュートを決めたときは、まだイケると思ったんじゃがな。チョウさんのいうとおり、やはりセットプレイで槙野にやられた3失点目が痛すぎた。あのゴールを決めたあとの槙野ポーズは悪夢じゃ。夢に出てきそうじゃ。

攻撃面では、いい感じでボールを受けていた長谷川アーリアジャスールがベンチに下がったのも誤算といえば誤算。しかも交代で入った大竹洋平が、前節の川崎戦とうってかわって機能せず、選手起用の難しさを感じたよ。

f:id:takatoki_hojo:20160807121558j:plain

試合全体を通して浦和に両サイド、3バックとも蹂躙され、終わってみれば大量4失点。この大敗は湘南スタイルを貫いた代償だったような気もする。とはいえ、引きこもってはねかえしていれば勝点1でも持って帰れたのかといえば、そうともいいきれないし、それじゃあつまらんからな。

個々に修正すべき問題点はあるが、積み上げてきたことをやり続けるしか道はないとわしは思っておる。残り試合も少なくなり、強豪との連戦が続く中、今日の大敗、5連敗はショックじゃが、それはそれ。少なくとも菅野さん、反町さん、チョウさんと紡いできたフィロソフィーを捨て去るようでは、湘南が湘南でなくなるからな。

小さなクラブの大きなチャレンジ。この正念場を、ともに挑んで越えていくべし。そして来年、埼スタダンスを踊ろう。

f:id:takatoki_hojo:20160807121610j:plain

追記

チョウさんの試合後の「養殖」の談話は、言わんとすることはわかるが、例示がとつぜんすぎるというか、思いついちゃったのかね。記者のみなさんも「???」だったと思われ……