鎌倉ではたらく太守のブログ

愛犬家で歴オタ、うつつなき者の備忘録。湘南ベルマーレを応援中。

F東京 VS 湘南 9連敗という悪夢、降格へのカウントダウンが始まった現実

広島東洋カープ優勝の盛り上がりをよそに、おらが街の湘南ベルマーレは出口がみえない泥沼の9連敗。残念ながら、認めたくないが、降格へのカウントダウンがはじまった。これ、現実。長谷川アーリアジャスールは古巣相手に銀髪にして臨んだようじゃが……

f:id:takatoki_hojo:20160911165132p:plain

2016 J1 2ndステージ第11節 @ 味の素スタジアム
FC東京 3−0 湘南ベルマーレ

現地より2時間遅れで録画参戦して2時間遅れで脱力。いつもそうなんだけど、試合の入り方は今夜も悪くない。じゃが、そこは相手も想定済みで、「湘南には好きにやらせとけばいいんだよ」といった感じの試合運び。事実、今夜もいい感じでボールを奪っても、パスがずれたり短すぎたり、最後のところで合わなかったり。

そうこうしているうちに相手はワンチャンスをしっかり決めてくる。個の技量の問題はもちろんある。今夜の3失点は防ぎようがないゴールのようにも思えるが、ズルズルゆるゆると下がっていくだけのディフェンスで、前半終了間際に許した中島翔哉のゴールはやはり痛かった。あとはもう、真綿で首を絞められるかのように確実に、じわじわと……

試合後のチョウさんの談話もみたけど、かなり憔悴しちゃっている印象。この時期のこの大事な試合でこの惨敗では、試合後に空元気すら絞り出せないのは、いたしかたのないところではある。

f:id:takatoki_hojo:20160911112129p:plain

プロ野球では広島東洋カープが25年ぶりに優勝した。オーナー企業をもたない市民クラブということで世間は大いに盛り上がっているようじゃ。そうした中で、おらが市民クラブ・湘南ベルマーレが降格へのカウントダウンが始まったという現実は、じつに悲しく、厳しい。はたして、湘南がこれまで積み重ねてきた市民クラブとしての「挑戦」はリセットされてしまうのか。挑み、越えていくことは、やはり難しいのか。その答えはひとまず、今シーズン終了後に出るじゃろう。

だからこそ、いま、投げ出しちゃうわけにはいかない。そもそも、プロとしてお金をもらって試合に出ている以上、選手たちは最後までやりきる義務がある。さいごまであがき続けないと。まして、まだ6試合、残留の可能性は数字上は残されているんじゃから、わしらもまた、信じて応援するのみ。

まあ、録画参戦じゃったわしがいうのもお門違いだとは思うし、そもそも現地にいってないから、こんな今さら感モリモリのことを書けるのかもしれん。ともかくも背水の陣で望む福岡戦は、なんとしても駆けつけるからな(と、もろもろ調整中)。