読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鎌倉ではたらく太守のブログ

愛犬家で歴オタ、うつつなき者の備忘録。湘南ベルマーレを応援中。

湘南 VS 甲府…ホーム最終戦、ともかくも一矢報いて勝利のダンス!

湘南ベルマーレ

ホーム最終戦、ベルマーレは どうにか勝ってくれた。試合後、久しぶりにベルマーレビッグウェーブを歌い、ダンスを踊れたから、もういいや! 今までのこと、ぜんぶ許すw 数字的には最低のシーズンだったが、放送部がつくったシーズンを振り返るビジョンのVをみたら、厳しい、苦しい中でも感動や興奮はたしかにあったんだなと再認識。

f:id:takatoki_hojo:20161029215358j:image

2016 J1 2ndステージ @Shonan BMWスタジアム平塚
ヴァンフォーレ甲府 0−1 湘南ベルマーレ

今日の試合そのものは正直、見所に乏しく、両クラブが低迷している理由もよくわかった。そこはかとなくJ2臭が漂う内容じゃったしな。甲府の中盤の圧力はそれほどでもなかっただけに、湘南としてはもう少し工夫できたのでは?と思わんでもないが、さりとてこちとら、すでに降格が決定している立場。むしろ甲府の外国人FWのカウンターをきっちりおさえた守備面を評価すべきかもしれんな。

そんな中で飛び出した三竿雄斗の直接FK。残留に向けて負けられない甲府サポを沈黙させる、見事な軌道じゃった。セットプレイ1発での勝利というのは物足りないものの、今シーズン、湘南のFKが直接決まったのをはじめてみたわけで、永木がいた昨年との差はこんなところにもあったんじゃなと、つくづく。

f:id:takatoki_hojo:20161029231308j:image

久々の勝利の味をかみしめつつ、試合後のセレモニーへ。チョウ監督のコメントからは、今後の去就について匂わせるものはなし。まあ、すべてはリーグ戦が終了してからじゃろう。

真壁潔会長からは「負け犬の遠吠えといわれるかもしれないが、負けて吠えない犬より、負けても吠える犬でありたい。オオカミといわれるまで吠え続けたい」と、なんとも風変わりな表現ではあるが、掲げた理念を降ろさないという決意表明があらためてなされた。負けても吠える犬というのは、闘犬好きのわしも見たことないけどな。まあ、たとえオオカミ少年といわれても、理想を追い続けるトップを、わしは支持したい。

すでに湘南は脱落してしまったが、J1の残留争いはいよいよ混沌。最終節、もちろん湘南は勝って終わりたいが、そうなると来年、金持ちクラブの名古屋グランパスとJ2を戦うことになるわけで、それはそれで気が重い。来年のことを考えると、近場のアウエイじゃし、経営規模が似ている甲府が降格してくれるほうが与しやすいような気がする。とはいえ、2012年の最終節で湘南が昇格できたのは甲府のおかげじゃったから、ここは次節、名古屋に勝って多少の恩返しをしておくべきじゃろうかのう。

もっとも来週の名古屋にはわし、行けないから、リーグ戦参戦は今日でおしまい。例年だと、なんとなくこの時期、じつに寂しい気分になるんじゃが、今年はまだ天皇杯がある。

天皇杯、柏戦のチケットはGETした。まだまだ待っているのは、最高の週末、そして最高の年末年始じゃ。

f:id:takatoki_hojo:20161029231550j:image

追記:浦和レッズ、2ndステージ優勝、おめでとうございます。なお、どうせ使わないのであれば石原直樹を返してちょーだい。山田直輝岡本拓也も引き続き湘南で。完全移籍もウェルカムじゃよ。