鎌倉ではたらく太守のブログ

愛犬家で歴オタ、うつつなき者の備忘録。湘南ベルマーレを応援中。

水戸 VS 湘南…J2の門番・水戸ナチオの鍵をこじ開け、開幕戦を白星発進

J2の門番、堅守の水戸ちゃんに苦しめられながらも、湘南ベルマーレは2017シーズンを白星発進。昨年は散々おあずけをくらった勝利のダンスを初戦で踊れたのは、まずはめでたい。じつにめでたいぞ。

f:id:takatoki_hojo:20170227233347j:plain

2017 J2 第1節 @ ケーズデンキスタジアム水戸
水戸ホーリーホック 0-1 湘南ベルマーレ

新戦力の秋野央樹、杉岡大暉、表原玄太がスタメンに名を連ね、3バックの右には山根視来を配する布陣で、湘南は序盤から攻勢に出る。エネルギッシュな立ち上がりに確かな手応えを感じたが、ゴールポストを駆使して守る水戸ナチオに難儀し、前半は0-0のまま終了。もしかして、これは水戸ちゃんのペースなのでは? ちょっと嫌な感じでハーフタイムを迎える。

後半になると水戸ちゃんは落ち着きをとりもどし、じょじょに攻撃に転じてくる。湘南ももちろんやり返すが、山田直輝のシュートはクロスバー。「点はとれるときにとっておかないと…」という言葉を昨年、何度聞いたことか。やっぱりこるは水戸ちゃんの術中にはまっている?

そんな空気を吹き飛ばしてくれたのが、俺たちの菊地俊介! 下田北斗の右CKをフリーでうけてきっちりと決め、待望の先制点をゲット。ジネイ先生が相手をブロックしてくれたこのカタチは練習どおりだというが、「ボランチ2人で10点」というノルマ達成に向けての幸先弾。今年はキクシュン、やってくれそうじゃな。

ジリジリしていたゴール裏も一安心で、さあ、追加点奪って勝ち切ろう! そんな感じだったんじゃが……ジネイ先生が負傷退場するアクシデントの後、どうも雲行きが怪しくなる。試合後、チョウさんもおかんむりだったらしいが、湘南はなぜか自陣に引いて水戸ちゃんの猛攻を跳ね返すばかり。疲れちゃったのか、守りに入ったのか。残り15分、ちょっと早すぎやしないか、という感じはわしも受けたぞ。「J1だったらやられている」というチョウさんの指摘には激しく同意じゃな。

とはいえ、全体としてスピード感とか前に向かう姿勢とか、圧倒的に湘南が上回っていたし、なにより開幕戦という独特な雰囲気の中、しっかり勝ち切ったことは大きい。

f:id:takatoki_hojo:20170227223955j:plain

それにしても杉岡はさすがじゃな。まだ高校生なのに、あの落ち着きというか貫禄というか、すごすぎる。物怖じせずにガンガン攻め上がって来るし、とりあえず三竿雄斗が抜けた穴は心配しなくてもよさそうじゃ。試合前、ゴール裏からのコールを受けてぺっこりお辞儀も好感度アップ。山根も積極的に前に行くし、3バックの左右がWBを追い越して仕掛けていく湘南スタイルを、またみせてくれそうな予感がするぞ。

ともかく今年の湘南は選手層が厚い! もっともシーズン開幕当初は毎年そう言ってる気もしないでもないが、今日は新戦力が活躍しただけに、なおさらな(秋野とかお借りしちゃってよかったんじゃろか、柏さん)。ここに石川俊輝、神谷優太、斎藤未月らが控えているわけじゃろ? そこにシキーニョとかシキーニョとかシキーニョとか湘南乃虎とかいるんじゃろ? もし、わしが思っているとおりにみんなが活躍したら、2014年以上に無双してしまうではないか!

心配なのはジネイ先生のケガじゃな。大したことないことを切に祈る。あと、私事じゃが、年々、新チャントの覚えが悪くなってきているのが気がかり。♪ジネイジネイジネイジネイジネイジネイジ・ネ・イ!くらいはさすがにすぐ覚えたけど、こればかりは年かのう……