鎌倉ではたらく太守のブログ

愛犬家で歴オタ、うつつなき者の備忘録。湘南ベルマーレを応援中。

熊本 VS 湘南 拾いものの勝点3じゃが……

いやあ、危なかった。というか、クリーンファイトするロアッソ熊本相手に、拾いものの勝点3。チョウさんは「プレゼント」といってたけれど、これは言い得て妙。そもそも、やることやってないと「プレゼント」はもらえないしな。そして、熊本までかけつけた湘南サポも乙。わしは、みんなの声援が勝点3を引き寄せたと思っておるし、こういう運を引き寄せるみんなのパワーというのが、とても大事だと思うておる。

TwitterのTLには馬刺の写真がガンガンあがっていて羨ましい限りじゃが、今夜は思う存分、祝杯をあげてほしい。熊本に銭を落とすのもまた、震災復興への貢献でもあるしな。

f:id:takatoki_hojo:20170513215253p:plain

2017 J2 第13節 @ えがおスタジアム
ロアッソ熊本 0−1 湘南ベルマーレ

試合は、DAZNの見逃し配信でみているかのように、同じような展開じゃった。前半、湘南のシュートはたったの2本で0−0。どちらかといえば3連敗中の熊本に押し込まれる展開のようにみえたのは否めない。外国人2トップのフィジカルは脅威じゃったしな。じゃが、慎重な試合の入り方ではあったものの、そんなに悪かったも思わないし、今日は秋野央樹が随所に持ち味を出してくれていたから、後半になれば、わりと早い時間帯に点が取れるんじゃないかと、なんの根拠もなく思っておった。

じっさい、後半に入ると湘南は攻撃のギアをあげてきた。今日は、山田直輝が先制の一発決めてくれるんじゃないか、これまた根拠もなくDAZNをみていた。じゃが、時間はどんどん過ぎていく。チョウさんは野田隆之介、シキーニョ、齊藤未月を投入してくるが、熊本ゴールを割れないまま。いっぽうで連敗ストップに貪欲な熊本に、つまらないミスからヒヤリとさせられる場面も。そこはなんとか秋元陽太が防いでくれていたが、今日もまた、このまま終わってしまいそう、そんなムードになりかけた終了間際じゃった。

菊地俊介がPKを獲得した場面。たしかに微妙な判定じゃった。いや、もし反対の立場じゃったら、わしも「誤審じゃ!」と騒いだと思う。じゃが、あの時間帯、あの場面で貪欲にゴールをめざしてペナルティエリアにキクシュンが侵入していかなければ、こういう幸運は生まれない。運は自分たちでつかむもの、そんなPK獲得であったと、わしは思いたい。現地で声を枯らす湘南サポの思いが届いたんじゃないかなと。

まあ、ロアッソサポのみなさんは納得いかないじゃろうがな。湘南が勝利した時の恒例の河野太郎談話へのマジレスみていたら、そりゃ、免疫ない中でとつぜんあのつぶやきが流れてきたら、穏やかではないわな、やりきれないわなとは思う。じゃが、あれは太郎さんのお約束というか芸風というか、すまぬが許しておくれよ。

ということで、棚からぼた餅という感じもしないでもないが、そのぶん、この勝点3は大きいと思う。横浜FCが引き分けたおかげで、「ぶっちぎり」ではないけれど、湘南は首位に立った。じゃが、もちろん安穏としていられる状況ではない。このあとはいよいよ前半戦の正念場、福岡、松本、山形、長崎、京都、横浜FC、名古屋と、強豪との対戦が続く。さらに折り返しとなる後半戦は、大分、東京V、山形、徳島、松本、長崎、千葉、そして今日、苦戦した熊本とやって、横浜FCじゃからな。この夏場をどう乗り切るか。それを考えると気が重くなる。

もっとも一戦一戦、やっていくしかないんじゃがな。2014年のようなことはもうない。確実に経験を積み、成長していくしかないんじゃよな。まあ、シビアな反面、楽しみでもあると言っておこう。何事も前向きに、ポジティブにいかないとたのしめないからな。

f:id:takatoki_hojo:20170513224455j:plain

今日は、「愛犬の日」らしいのでこちらの写真を。今夜の祝杯は、ロアッソ熊本に敬意を表して、胸スポの白岳にしました。多少のお詫びの気持ちをこめて……。そして、本日の「圧勝」をきっかけに、わが湘南ベルマーレが「ぶっちぎりの首位独走」となることを祈念して。

(´-`).。oO(今日はもうできあがっているので、支離滅裂ですまぬ)