鎌倉ではたらく太守のブログ

愛犬家で歴オタ、うつつなき者の備忘録。湘南ベルマーレを応援中。

松本 VS 湘南 野田隆之介が先制弾、山田直輝が決勝弾で\湘南圧勝/

野田隆之介山田直輝のゴールで、湘南ベルマーレ松本山雅に「圧勝」しました(河野太郎さん風に)。

f:id:takatoki_hojo:20170522005048j:plain

2017 J2 第15節 @ 松本平広域公園総合球技場
松本山雅FC 1−2 湘南ベルマーレ

チョウサンは前節の福岡戦と同じ4バックを採用、中3日じゃがあえてスタメンをいじらずにきた。よほど手ごたえを感じておるのじゃろう。しかし、5月というのに30度を越す猛暑である。試合前にぶったおれる観客もいたくらいじゃからな。わしらもウォーミングアップからラピュタを発動し、アドレナリンをぶっ放す。

わしらの期待に答えて、湘南の選手たちはハードワークで躍動する。とにかく選手の距離感がいいのか、ボールがよく繋がる。松本はロングボールを放り込んでチャンスをうかがうも、落ち着いて対処してくれていたので怖さはさほどでもない。前半は湘南が圧倒的に支配する。じゃが、古巣相手に気合が入っていたであろう村山智彦の好セーブもあり、今日もゴールを割れないまま、勝負は後半戦へと突入する。

湘南は後半早々、均衡を破る。決めてくれたのは野田隆之介! 村山を背負いながらの振り返りざまの一撃は湘南での初ゴール。ここのところ野田の好調ぶりは衆目の一致するところ。ジネイ先生に代わってのスタメンもむべなるかな。見事である。サポーターに駆け寄って来る野田。アルウィンの一画だけが歓喜に包まれる。

じゃか、ここからゴールラッシュじゃ!と思った矢先、石原崇兆にファインゴールを決められてしまう。昇格争いに踏みとどまるために、松本もこの試合は落とせない。そんな意地の一発といったところじゃろうか。倍返しとばかりに勢いづく松本サポ。これぞアルウィンという盛り上がりと緊張感。見ごたえのあるゲームになってきた。

決着をつけたのは山田直輝。60分過ぎ、アンドレ・バイアのクロスに対し、相手DFの前に入り込んでドンピシャのヘッドを決める。クロスを真ん中で跳ね返すことに自信をもっている松本相手に、小さな山田直輝が大きな一発! 開幕から獅子奮迅、ガムシャラにやってきた直輝にようやく神様が微笑んだ。本人もよほどうしかったんじゃろう。胸のエンブレムをわしづかみし、満面の笑みとガッツポーズ。熱い!熱い!その姿をみていたら、わし、目から汗か出てきたよ。これはもう絶対に負けるわけにはいかない。湘南サポのチャントを歌う声にも力が入る。

その後、松本はロングボールと肉弾戦で遮二無二なって攻めてくるが、湘南も島村毅藤田祥史を投入。けっきょく試合はこのまま1点差を守りきってタイムアップ。昇格争いに踏み止まろうとする松本を蹴落とす勝点3は最高の土産となった。

f:id:takatoki_hojo:20170522005111j:plain

山田直輝のひとり勝利のダンス。ようやく誰も文句を言えない目に見える結果につながった。サポも本人も待ちわびたゴールじゃが、でも、もっともっとやってくれないと困るぞ。

野田、山田と、ジネイ以外のFWにゴールが生まれたのが今日の何よりの収穫ではないじゃろうか。秋野央樹もフィットしてきたし、これぞ怪我の功名、選手をやりくりしながら生まれてきた湘南スタイル2017バージョンということで(ちょっと持ち上げすぎか)

ということで、次節はホームの山形戦。つぎも勝って踊って、\湘南圧勝/ をつぶやこうぞ。