鎌倉ではたらく太守のブログ

愛犬家で歴オタ、うつつなき者の備忘録。湘南ベルマーレを応援中。

山形 VS 湘南 あっけなく負けて連勝ストップ……また出直します

完璧にやられた。これはもう、切り替えるしかない…なんて、いえるのはDAZNで自宅からのお気楽参戦じゃからか。AT被弾というホームで嫌な負け方した山形に、しっかり意趣返ししてやりたいところを倍返し。山形にはいつも痛いところでやられてしまうが、是非に及ばずじゃ。

f:id:takatoki_hojo:20170723120837p:plain

2017 J2 第24節 @NDソフトスタジアム山形
モンテディオ山形 3−0 湘南ベルマーレ

序盤から山形がパスをつないで攻勢に出る。後方からの飛び出しも湘南のお株をうばう感じで4連敗中の相手とはとても思えない。加賀健一の先制ゴールもお見事じゃったし、阪野豊史の2点目もこれぞストライカーという素晴らしいゴールで、これはもうなすすべなしじゃ。

チョウさんも早い時間帯から表原玄太、ドラガン・ムルジャを2枚替えして展開を変えようと動いたが、山形の気持ちのこもったプレスに受け身にまわってしまった印象。今日はもう、うちがどうこう以上に、攻守ともに山形の「集中力」が上回ったということじゃろう。ほんとうなら、わしらがこれをみせなきゃいけないんじゃがな。さいごは阪野に3点目をとられて万事休す。負けそのものより、シュート5本の無得点に終わったというのが残念じゃな。

こうやってゼロが続いて失点が少なかったのがたまたまだと思ってまたやっていかないと、また3点取られるということは起きると思います。改めて自分たちのことを0-3で負けて、3-0では勝てないチームなんだということを選手1人1人がもっと認識していかないといけないと思います。

湘南も山形も先制点をとれば強いが、先制点をとられるときつい。前節のヴェルディ戦はどうにかそこを耐えて勝ち戦にもっていけたが、この日は明暗がはっきりと出てしまった。先制されたとき、相手にリードを許したときにどうするか。これは湘南の大きな課題であり、秋元陽太のこのコメントは重い。

守備陣が今日に関しては0-0で終わって勝点1を拾うより、ある意味0-3で負けて良かったと思っています。今後に繋げるためには、今日は引き分けだと「まだ負けていないから」と自分たちの驕りが出るところだったんで、これだけコテンパンにされたので、また出直したいと思います。

山田直輝はポジションをやや低めにしてリズムを変えようとしていたけど、結果につながらなかった。今シーズン、湘南は讃岐、福岡にコテンパンにやられた後、守備を立て直すことで勝ち進んではきたけれど、それだけではまだ足りない。この試合が「良薬口に苦し」で、「勝利導者」(ウイニングリーダー)のスイッチが入ることを期待したいところじゃな。「堅守湘南」もいいけど、やはり攻撃的な「勇士湘南」をみたいしな。

ということで、この後はホームで徳島、松本山雅と昇格のライバルとの対戦が続く。まさに勝負どころじゃ。

自分の人生乗っけて応援し、\湘南圧勝/を叫ぼう