鎌倉ではたらく太守のブログ

愛犬家で歴オタ、うつつなき者の備忘録。湘南ベルマーレを応援中。

湘南 VS 熊本 夏の連戦のラストはスコアレスドロー

盟主と名古屋がつぶし合いをしている間に、勝って昇格&優勝ロードを切り開きたい試合じゃったが……そんなに簡単じゃなかった。湘南もまだまだ、ということかのう。

f:id:takatoki_hojo:20170821072010j:plain

2017 J2 第29節 @ Shonan BMWスタジアム平塚
湘南ベルマーレ 0-0 ロアッソ熊本

この日の湘南は4バック。ムルジャを先発に起用する。この日は中盤にポジションを下げた山田直輝や表原玄太が躍動し、序盤から主導権を握った。じゃが、肝心のフィニッシュがクロスバーに嫌われるなど決定機を逃して、前半を無得点で折り返す。

ゴル裏にいるわしがぬるいから最後のところ点が入らないのか? だったら後半熱くなるからゴール決めて勝ちきろう。そんな思いで声を出していた矢先、ムルジャが抜け出しGKと1対1に! じゃが、ここはファウルで止められ、しかもムルジャがそのまま負傷退場するアクシデント。うーん、痛い。これはいろんな意味で痛い。ムルジャ、大丈夫じゃろおうか。

その後も湘南は熊本の分厚い守備ブロックを崩すことができない。残留に向けて、熊本の気迫が湘南のそれを上回った感じか。「これはもう、勝点1でよしとするか」…… そんな気持ちになりかけたアディショナルタイム、浮き球のパスに田中達也が反応し、ディフェンスラインの裏に抜け出し大ピンチ! 幸いここは、守護神・秋元陽太がこれ防いでくれたが、ヒヤヒヤもののドローで終了。あやうく熊本の術中にはまるところじゃった。夏の連戦のラスト、今日は秋元がつかんだ貴重な勝点1ということで、よしとしたい。

試合終了後に「サンキュー湘南」と「ロアッソ熊本」のコール。こういうところはJリーグのよきところじゃ。帰りのシャトルバスで会話した熊本弁のロアサポさんも好感度高めじゃったし。というか、なかなかの美人さんじゃったぞw

f:id:takatoki_hojo:20170827164550j:plain