鎌倉ではたらく太守のブログ

愛犬家で歴オタ、うつつなき者の備忘録。湘南ベルマーレを応援中。

湘南 VS 愛媛…CKからの虎の子の1点を守りきり、J1復帰へいよいよリーチ

苦しみながらも「2017湘南スタイル」でしっかりと勝点3。こうして積み上げてきた勝点は80に到達。さあ、いよいよJ1復帰へリーチじゃ。

f:id:takatoki_hojo:20171022121007j:plain

2017 J2 第38節 @Shonan BMWスタジアム平塚
湘南ベルマーレ 1−0 愛媛FC

試合そのものは終始、愛媛FCのペースですすみ、印象的には45分+アディショナルタイム45分みたいになってしまった。愛媛のプレッシャーに湘南らしさを封じられ、右サイドは白井康介に蹂躙される。湘南は攻撃のリズムをつくれず、ひたすらはねかえす一方的な展開に。

じゃが、こういう苦しい試合をきっちりものにするのが今年の湘南スタイルなんじゃろう。前半にCKから秋野央樹がヘッドで決めた1点を守り抜き、次節、ホームでの昇格決定にリーチをかけてくれた。価値ある1点、大きな1勝じゃ。

これを「勝負強くなった」「勝者のメンタリティ」と評していいのかどうか、それはわしにはわからない。じゃが、チョウさんがいう「目に見えない戦術」というのが浸透してきた成果なんじゃろう。わしのような素人が、ただでさえ見にくいBMWスタジアムのゴール裏からみているだけでは、それが何なのかはよくわからんが、勝点80という数字がフロックだけでは到達できないということだけはわかるぞ。

今シーズン、薄氷を踏むような試合をくりかえしながら、サポーターも含めて、みんなでここまでやってきたんじゃ。次節、必ずやホームで歓喜の瞬間を迎えようぞ。