鎌倉ではたらく太守のブログ

愛犬家で歴オタ、うつつなき者の日々の備忘録。湘南ベルマーレを応援しています。

足利尊氏はなぜ、後醍醐天皇に反逆したのか

足利尊氏について続き。尊氏が鎌倉幕府を裏切ったのはまあ、よしとして、後醍醐天皇、建武政権に反逆した理由はなんだったのか、ということを、わしなりに考えてみた。なお、この内容は、呉座勇一編『南朝研究の最前線』 に掲載されている細川重男さんの論考をベースにわしの考えを備忘録的に書いたものなので、あしからず。 

f:id:takatoki_hojo:20180317160343j:plain

足利尊氏には源氏嫡流として天下取りの野望があった?

よくいわれるのは、尊氏には源氏嫡流として天下取りの野望があったというものじゃな。それを補強するものとして、足利家時の「置文」の逸話が有名じゃが、それはこちら(足利家時の置文…足利高氏が鎌倉幕府を裏切った理由とは?)を読んでもらうとして、そもそも、この逸話そのものが創作臭いし、これは「足利尊氏は逆賊」という南北朝正閏論の流れでできたイメージで、フェアではないじゃろう。

延喜天暦の治を模範に天皇親政をめざした建武の新政は、武士たちにはすこぶる不評であった。「これなら北条の世の方がよほどよかった」という者も出てくる始末。じゃが、少なくとも尊氏は多くの恩賞を得ているし、正三位・参議に叙任され、鎌倉幕府では考えられない栄達をはたしている。『梅松論』では「尊氏なし」と、冷遇されたように書かれているが、じっさいは侍大将ともいえる地位についており、尊氏は後醍醐帝の皇恩に、それなりに満足していたというのじゃ。

じゃが、建武の新政は失政を重ねていく。武士たちの不満が高まるにつれ、尊氏への期待は高まっていく。そんな尊氏を護良親王は「第二の北条」として敵視し、いざこざをおこしたりしている。公家と武家とは、やはりうまくいかないものなのじゃろう。

中先代の乱が尊氏反逆の契機に

f:id:takatoki_hojo:20180310164115j:plain

建武政権への失望が広がっていく中で、北条与党が各地で隆起する。そして建武2年、わが遺児・北条時行が挙兵し、成義親王と足利直義が守る鎌倉を奪還した。中先代の乱じゃ。

直義の窮地を知った尊氏は、後醍醐帝に軍を率いての東下を願い出る。じゃが、後醍醐帝はそれを許さず、尊氏は独断で鎌倉へ向かう。これが尊氏反逆の契機となるわけじゃ。

尊氏は東下を願い出たとき、征夷大将軍と総追捕使への任官を求めている。源頼朝が鎌倉開府にあたり任じられた官職じゃ。後醍醐帝は尊氏は鎌倉幕府を再考するつもりかと警戒し、それを許さず、尊氏が勅許を得ぬまま東下すると、後追いで征東将軍に任命している。この時点で、尊氏は幕府再考を目論んでいたのか。細川重男さんは、それをはっきりと否定している。

源氏が将軍であった時代はすでにはるか昔の話。この当時の人々の感覚では、源氏将軍よりも親王将軍の方が馴染みが深かったはず。事実、建武政権で当初、将軍に任官したのは護良親王であり、北条時行挙兵後は成良親王が将軍になっている。「当時、将軍は親王の任官する官職であり、尊氏の任官、ましてや幕府再興は現代人が考えるよりはるかにハードルが高かったであろう」というのじゃ。

また、当時の武士たちが、そもそも尊氏を源氏の嫡流として認識していたかどうかも疑わしいという。たしかに実力者ではあるが、足利氏の高い家格は北条氏との縁の強さによって担保されていたもの。「実朝暗殺で源氏嫡流はすでに絶えた」という認識が、当時は一般的であり、足利も北条の一味くらいの認識だったのではないかと、こういうわけじゃよ。

それでも尊氏が征夷大将軍への就任を願った目的は何か。細川重男さんは「戦いの勝利のみ」としている。戦の相手は前政権・北条得宗の嫡流じゃ。新政権への不満を背景に、北条の権威を旗印に瞬く間に鎌倉を奪還した勢いに、尊氏は苦戦を予想したというのじゃ。しかも、鎌倉を攻めるために京都を進発した先例は、あの富士川の鳥の羽音で逃げ出し、大敗を喫した平維盛じゃ。「鎌倉を目指す自分を、東国武士たちが平維盛に見立てたら負ける」と尊氏は考え、無理筋に征夷大将軍の任官を求めたというのじゃ。

中先代の乱と聞いても、現代人からすればマイナーじゃし、知っている人でも尊氏が出陣したらあっさり片付いたと思っているじゃろう。じゃが、わすか20日余りの戦いとはいえ、じつは遠江、駿河、箱根、相模川で激戦が繰り広げられ、足利軍もかなりの犠牲を強いられているんじゃよ。しかも、同時代の人が、鎌倉政権を「先代」、北条時行を「中先代」、尊氏以降の足利政権を「当御代」(後代)と読んだことも、時行の鎌倉奪還はわれわれが思う以上に大きな事件であったことの傍証になるのではないか(単なるわしの北条贔屓と言われればそれまでじゃが)。

「八方美人で投げ出し屋」も、愛されキャラだった尊氏

f:id:takatoki_hojo:20180302134119j:plain

つまり、尊氏は弟・直義の窮地を救うため、時行への対抗上、征夷大将軍への就任を願い出ただけで、この時点では幕府再興などという大それた考えはなかったと思われる。それゆえ、北条時行を破り、鎌倉を奪還した尊氏は、後醍醐帝からの帰京命令を当初は受け入れている。

じゃが、直義に「兄者、京都に行ったら殺されます」といわれると、あっさり帰京をとりやめてしまう。そして鎌倉では味方してくれた武士に気前よく恩賞をあたえ、後醍醐帝の不信を増幅させてしまう。さらに、これは直義あたりに「義貞が兄者を讒言しています」と囁かれたのか、新田義貞を君側の奸として討伐するよう求めたりもしている。事ここに至り、後醍醐帝は尊氏討伐を決意し、新田義貞を差し向けることになる。

すると尊氏はこの事態に恐懼し、「朝敵になるのは嫌だ!お前らのせいだ!俺は知らん!」と直義をなじり、周囲が止めるのも聞かずいきなり断髪。隠居を宣言して寺にひきこもってしまう。じゃが、直義の劣勢を聞くと一念発起。「直義が死んだら、俺だけが生きていてもしかたがない!」と叫んで出撃。新田軍を蹴散らし、ここに南北朝の動乱がはじまるというわけじゃ。尊氏……弟思いなのはよいが、もはや支離滅裂じゃよ。躁鬱気味で「八方美人の投げ出し屋」といわれる理由がよくわかるぞ。

じゃが、そんな尊氏は、なぜか人に愛される、魅力的なキャラであったようじゃ。夢窓疎石は尊氏のことをこう評している(『梅松論』)。

身命を捨給ふべきに臨む御事度々に及といへども、笑を含て怖畏の色なし
(合戦で命の危険にあうのも度々だったが、笑みを含んで死を恐れる様子がない)

多く怨敵を寬宥有事一子のごとし
(慈悲深く、他人を恨むことを知らず、仇敵すら許し、我が子のように接する)

御心広大にして物惜の気なし
(御心が広く、物惜しみすることなど全くない)

ひとことでいえば「無私の人」ということじゃな。度量も大きく、愛されキャラということもあり、北条時行を破って鎌倉を実力で奪還した尊氏は、以後、武士たちの声望を集め、どんどん祭り上げられていくわけじゃ。その筋書きを書いたのは……たぶん直義じゃな。もっとも直義は後に尊氏に殺されてしまうんじゃが。

尊氏は「小さな正義感を頼りに、迷いながら生きた人物」

f:id:takatoki_hojo:20180317162518j:plain

かつて吉川英治原作『太平記』が大河ドラマになったことがある。足利尊氏役は真田広之で、脚本を担当した池端俊策さんは「英雄というより、小さな正義感を頼りに、迷いながら生きた人物」として、尊氏を描いたと語っているが、これ、言い得て妙という感じじゃな。

おそらく尊氏自身には、頼朝公のように幕府を開いて天下を取ってやろう!などという大それた野望はなかったじゃろう。おそらく「八方美人で、気前よく周囲の期待に応えるうちに、南北朝の騒乱になり、将軍になり、幕府を開き、弟を殺し、我が子を殺し……あんまり幸せな人生ではないな、こりゃ。

建武政権が失政を重ねることがなければ、尊氏は後醍醐帝の重鎮として、武家の束を担ったことじゃろう。少なくとも後世、「逆賊」呼ばわりされたり、木像が梟首されたりというようなこともなかったはずじゃ。こう考えてみると、高氏よ、わしや赤橋とともに、鎌倉幕府の立て直しに尽力したほうがよかったのではないか? まあ、長崎父子はそれをよしとはしなかったじゃろうがな。

閑話休題、後醍醐帝への反逆はもちろん、北条への裏切りもまた、尊氏自身の意図や覚悟があって為したものというよりは、その都度その都度の判断の結果で、全て成り行き。わしはそういう結論に至ったんじゃが、どうじゃろうか。まあ、殊更に書かなくても、みんな、そう思っているじゃろな。駄文、許してたもれ。まあ、所詮、わしの備忘録ということで。