鎌倉ではたらく太守のブログ

愛犬家で歴オタ、うつつなき者の日々の備忘録。湘南ベルマーレを応援しています。

湘南 VS 鳥栖…高橋諒の華麗なる(?)ゴールで先制するも終始押し込まれて最後はドロー

J1再開。高橋諒の華麗なるトリプルアクセルシュートで先制したまでは良かったんじゃが……

f:id:takatoki_hojo:20180721175458p:plain

2018 J1 第16節 @Shonan BMW スタジアム平塚
湘南ベルマーレ 1−1 サガン鳥栖

この日のスタメンはFWは齊藤未月、菊地俊介梅崎司。うーん、苦しい。先日の天皇杯の長崎戦と同様、ボールが前線に収まらない。中断前に輝きを見せていた野田隆之介はどうした? 怪我しておるのか? イジョンヒョプはまだ戻ってこれないようじゃし、かといって島村毅をいきなりというわけにはいかないし。

それでも後半早々、アーリークロスから飛び出してきた高橋諒が空中マルセイユルーレットから不思議な華麗にゴールを決め、湘南が先制する。じゃが、その後は鳥栖の攻勢にどうしてもラインがずるずる下がってしまい、けっきょく終盤に追いつかれての勝点1。後半は明らかに鳥栖の試合じゃったし、もしトーレスがいたら、やられていたかも。「妥当な結果」…試合後のチョウさんのコメント通りじゃな。

この猛暑の中の試合、ハードワークにも限界がある。せめて前線で時間つくってくれないとさすがにしんどい。疲弊してしまう。山﨑凌吾、新加入じゃが、いきなりの活躍を期待するしかない。

さて、次節はヴィッセル神戸戦。アンドレス・イニエスタのJデビュー戦じゃ。否が応でも注目される試合で、J初ゴールなんぞ献上したら、VTRでなんどもお茶の間に晒されてしまうぞ。ポドルスキーもいる。ウェリントンもいる。大槻周平もいる。どんな形であれ勝ってギャフンと言わせてやりたいたい。湘南なめんなよ、と。

ということで、今日はだぞん参戦なのでこれにて。