鎌倉ではたらく太守のブログ

愛犬家で歴オタ、うつつなき者の日々の備忘録。湘南ベルマーレを応援しています。

長崎 vs. 湘南…梅崎司の先制弾、金子大毅のJ初ゴール、岡本獅子王のダメ押し弾で、裏天王山は\湘南圧勝/

地元長崎県諫早市出身の梅崎司が、故郷に錦を飾る先制弾! 残留のための裏天王山で、久しぶりの湘南圧勝じゃ!

f:id:takatoki_hojo:20180901164755p:plain

2018 J1 第25節 @ Shonan トランスコスモススタジアム
V・ファーレン長崎 1−3 湘南ベルマーレ

長崎とは今シーズン5回目の対戦。この日は残留に向けて、両クラブとも絶対に負けたくない対戦となったが、DAZNで勝利を確認。3時間遅れで歓喜の瞬間を見届けて、まずは一安心じゃ。

スタイルも似ているし、完全なミラーゲームのガチンコ対決。先制点を奪われるときついなと思っておったが、まずは梅崎司が決めてくれた。左サイドからの石原広教の折り返しに、DFの背後からタイミングよく身体を前に入れてのゴール。地元に凱旋ということもあり、この日の梅崎は気合が入っていたが、これでグンと弾みがついた。

石原のアシストもお見事じゃった。天皇杯から3試合連続のスタメン起用で調子の良さをアピールしていたが、迷わず縦に仕掛けたことが奏功したな。今後もこういうプレイをどんどんやってほしい。

金子大毅、J初ゴールおめでとう。ルーキーながら自信をもってトライする姿勢は好印象。なかなか面白い選手だなと、あらためて。金子にはぜひ、曲者として化けてほしいと思う。

そして岡本拓也が3点目を決めて勝負あり。強引に決めたゴールと雄叫びはまさに獅子王じゃった。クロスみていても、ぜんぜんうまいとは思えないんじゃが(スマソ)、こういうのみると、チョウさんが重用する理由がよくわかったよ。

長いリーグ戦、良いときもあれば、悪いときもある。この日は「余裕をもって」とまでは言わないが、この大事な試合に変な気負いもなく「たのしめてる」感じがした。チョウさんのメンタルマネジメントの賜物なんじゃろうな。そして、ピッチでそれを牽引したのは、やはり梅崎司ということで。

選手も口にしていたが、今日の勝利で前節の勝点1の価値が高まったことは確か。内容は悪くないものの結果につながらず苦しんだが、この裏天王山を制したことで、再浮上のきっかけになるはず。

現地応援のサポーターのみなさまもお疲れ様でした!