鎌倉ではたらく太守のブログ

愛犬家で歴オタ、うつつなき者の日々の備忘録。湘南ベルマーレを応援しています。

二本松少年隊を訪ねて戊辰150年の二本松に行ってきたぞ

本日は、仙台遠征の帰路に二本松を訪れたときの備忘録。戊辰150年、全藩上げて、奥羽越列藩同盟に殉じた二本松藩二本松少年隊。この義藩については、涙なしには語れない。

f:id:takatoki_hojo:20180826141520j:plain

二本松藩戊辰戦争

馬鹿だ馬鹿だよ二本松は馬鹿だ 三春狐に騙された

二本松藩を治めた丹羽氏の祖は織田信長重臣丹羽長秀。長秀の子の丹羽長重関ヶ原で西軍に与したことにより一度は改易されたが、その後、常陸国古渡1万石で復活。常陸国江戸崎、棚倉、白河を経て、寛永年間に長重の長男・丹羽光重が二本松10万石に入部する。

以後、二本松は丹羽氏代々が治めることになる。Wiki先生によると丹羽治世下の二本松藩では、節分の時、「鬼は外」と叫ぶと「お丹羽外」に聞こえるとして、「鬼外」「おにそと」と「は」を抜いて唱えていたという。

幕末、江戸が無血開城されると、新政府軍の鉾先は会津と庄内へと向けられる。奥羽諸藩は仙台と米沢を盟主とする奥羽列藩同盟を結成して対抗。二本松藩もこれに参加する。当時の藩主は丹羽長国だったが、長国は病に伏しがちだったため、藩政は家老の丹羽一学が差配した。

慶応4年(1868)5月1日、新政府軍の攻撃により白河が陥落すると、二本松藩会津藩の求めに応じて援兵を送る。しかし白河奪還はならず、もたもたしているうちに新政府軍は兵力を増強し、棚倉を攻め落とし、北上を開始する。そして、三春藩守山藩が同盟を離脱すると、列藩同盟は窮地に追い込まれてしまう。

仙台抜こうか会津を取ろか 明日の朝飯や二本松
会津猪 仙台むじな 三春狐に騙された 二本松まるで了見違い棒

庶民に流行ったジャレ唄。かくして二本松は喉元に匕首を突きつけられることとなる。二本松はこのとき、白河方面に主力を出していたこともあり、兵力は手薄であった。三春からは一緒に恭順しようというお誘いもあったようじゃが、家老・丹羽一学は「死を賭して信義を守るは武士の本懐」と、新政府軍を迎え撃つことを決断する。

f:id:takatoki_hojo:20180909140715p:plain

二本松は三春との藩境の糠沢と本宮に陣を敷いて新政府軍を迎え撃つ。じゃが、三春藩の嚮導もあって防衛ラインはあっさりと破られてしまう。頼みの仙台藩も国境に新政府軍が迫ってきたことから、他藩のことに構っておられず、主力を会津・米沢経由で撤退させ、カタチばかりの援軍しか寄越さない。かくして慶応4年7月29日、新政府軍は二本松藩領へとなだれ込んでくる。

馬鹿だ馬鹿だよ二本松は馬鹿だ 三春狐に騙された

三春藩はもとより勤王。裏切り呼ばわりは失礼千万」と、三春人にも言い分はあるじゃろう。了見違いのお坊ちゃんぶりで、全藩玉砕の悲運を招いた二本松の決断は、如何なものかと思わんでもない。この件については部外者で単なる旅人のわしが余計なことは言えないが、ただ三春の裏切りが二本松にとって痛恨事であったことは間違いないじゃろう。戊辰150年の今なお、二本松と三春では縁組もままならないというのは、はたして本当なんじゃろうか。

7月29日早朝、新政府軍は板垣退助率いる土佐、薩摩、彦根佐土原藩兵が本宮方面から攻め込んできた。二本松藩では、軍師小川平助の指揮の下、尼子平の要害に突出して板垣隊の侵入をよく防いだ。じゃが、それもつかの間、尼子平はついに陥落すると、新政府軍は大檀口への砲撃を開始する。なお、このとき、戦死した小川の奮戦に感じ入った薩摩藩兵らは、その武勇にあやかろうとその肝を食したという記録がある。

いっぽう、小浜方面から阿武隈川を渡河して進撃してきた長州、薩摩、備前藩兵の別働隊は、これといった大きな抵抗もなく城下への侵入を果たした。二本松藩は兵力が決定的に不足しており、正午頃には新政府軍は城内に乱入。家老の丹羽一学以下7名は城に火を放ち、次々と自刃。二本松は落城した。

死を賭して信義を守るは武士の本懐  

ということで、二本松城に行ってきた。二本松城は標高345mの白旗が峰に築かれた平山城。別名霞ヶ城・白旗城と呼ばれる。現在、城跡は県立霞ヶ城公園として整備されている。

f:id:takatoki_hojo:20180826141731j:plain

はじめは駅から歩いて行こうとしたんじゃが、思いの外遠いうえに丘を越えて行かねばならず、けっきょくタクシーを利用した。これは我ながら正解じゃったよ。

到着すると、二本松少年隊がお出迎えしてくれた。二本松少年隊は箕輪門下のここ「千人溜」に集合し、出陣していったという。縫い物をするお母さんの像が、なんとも哀しげじゃのう。

f:id:takatoki_hojo:20180826141557j:plain
f:id:takatoki_hojo:20180902160337j:plain

復元された箕輪門。大城代・内藤四郎兵衛は、ここで迫り来る敵兵に対し、城門を開いて斬り込みを敢行、壮絶な戦死を遂げた。

迫り来る新政府軍を前に、城の自焼を直接命じたのは内藤四郎兵衛だという。猛火に包まれんとする城を背に門を開いて切り込んで孤軍奮闘。その最期は「二本松武士の鏡」と讃えられておる。

内藤四郎兵衛は家臣からの信望も絶大で、四郎兵衛討死を知った家臣がその後殉死している。なお、戊辰戦争で内藤家は一族4人が戦死している。

f:id:takatoki_hojo:20180902160450j:plain

二の丸を過ぎ、本丸跡に向かって坂道を登っていくと、「二本松藩自尽の碑」がある。城外の陣地をほぼ攻略され、二本松藩重臣らは二本松城に撤退して最後の抵抗を見せた。この碑は、主戦論者であった家老・丹羽一学、小城代・服部久左衛門、郡司・丹羽新十郎の3名を悼むもの。3人は城の中腹にある土蔵奉行宅で、責任をとって割腹した。

風に散る 露の我が身は いとはねど 心にかかる 君が行末

丹羽一学の辞世。「武士の本懐」とはいえ、藩の悲運を招いた結果を、丹羽一学はどのような思いで受け止めていたんじゃろう。ちなみに、今際の際まで心配していた米沢に逃れた藩主・長国は降伏後に隠居、家督は養子の長裕が継いでいる。

f:id:takatoki_hojo:20180902160723j:plain

天守台跡の石垣そばには、小城代・丹羽和左衛門と勘定奉行・安部井又之丞自陣の碑がある。

丹羽和左衛門は本宮の戦いに出陣し、薩長軍の優勢な火器を目の当たりにし、新政府への帰順を建議したらしい。じゃが、その意見は結局、受け入れられず、城を枕に討ち死にする。

その最期は、床几に腰掛け、軍扇を膝の上に広げ、割腹した後、腸を軍扇の上につかみ出し、前屈みになって絶命したと伝えられている。

さぞかし無念であったじゃろう。安部井又之丞はそれを見届け、和左衛門の後を追うようにして自刃している。

f:id:takatoki_hojo:20180902160633j:plain

再建なった本丸跡から城下を眺めるとこんな感じ。「西軍はあっちのほうから攻めてきたのか…」などとしばし夢想。

背後には智恵子が「本物の空」と呼んだ安達太良山雄大な景色が……拝めるはずじゃったが、この日は曇りで残念ながら山容は確認できず。この風景を二本松藩士たちも見ておったんじゃな。

二本松少年隊の悲劇 

二本松藩の「入れ年」とは?

本丸跡を下り、搦手門を横目に通り過ぎると、「少年隊の丘」に出る。少年たちは、普段はここで砲術の訓練をしていたという。

f:id:takatoki_hojo:20180902160818j:plain

二本松少年隊の最少年齢は12歳から17歳の少年兵部隊。白虎隊のように、当時、そうした隊名があったわけではなく、後世に名付けられたものじゃ。

大正6年、戊辰戦後50年にあたり戦没者法要が大隣寺で行われたが、それまでは「賊軍」の汚名を着せられ、二本松藩士たちはひたすら沈黙を通し続けてきた。この時、戊辰戦争に当時14歳で出陣した水野好之は、「二本松戊辰少年隊記」を作成、この表題から「二本松少年隊」と呼ばれるようになったのじゃ。

f:id:takatoki_hojo:20180908160701j:plain

本来、二本松藩では12歳での参戦は認めていないのだが、危急の際には年齢を2歳加算する「入れ年」という制度があった。それでも藩首脳は少年たちを戦に駆り出すことには躊躇した。じゃが、砲術指南・木村銃太郎の門下生たちは、何度も出陣許可の執り成しを嘆願したという。やがて城下に敵が迫ってきたとき、藩首脳はやむなく、25人の少年たちに出陣を命じたのである。

しかし、12歳といえば、今であれば小学校6年生じゃからのう……少年隊の奮闘を伝える銅板のレリーフが、じつに悲しいではないか。

二本松の伝統「斬らずに突け」

f:id:takatoki_hojo:20180902160916j:plain

城を下りてきて、公園を出たところ、かつての松坂門の付近に、少年隊士・成田才次郎の碑がある。大河ドラマ「八重の桜」にも描かれた少年じゃ。

城南の大壇口へ出陣した才次郎は負傷し、退却中に仲間とはぐれてしまう。途中で叔父の篠沢弦之助に出会い、落ち延びるように言われたが、才次郎は仲間の敵を討つといって聞き入れなかったという。

才次郎が松坂門入口に身を潜ませていると、長州藩士・白井小四郎が率いる部隊と遭遇する。

二本松藩には「斬らずに突け」という伝統があった。浅野内匠頭吉良上野介を討ち損じたことを聞いたとき、当時の藩主・丹羽光重(浅野内匠頭の大甥にあたる)が、「斬りつけずに突けばよかったものを」と口惜しがったということから、二本松武士の剣の伝統として受け継がれてきた。

才次郎はこの教えを父から受けていた。だから、迷わず白井を突いた。白井は突っ込んでくる敵が少年であることに気づき、手を出さないよう周囲の者を制したが、不覚をとり胸部を刺されて絶命した。白井はこのとき、自分の不覚だから少年を殺すなと部下に下知したといわれるが、才次郎は、捕まえようとした長州兵に抵抗したので銃殺された。あるいは傷が深くて間もなく死亡したなど諸説あるが、いずれにせよ、この事件の後に絶命している。享年14。

大壇口の戦い 隊長・木村銃太郎の戦死

f:id:takatoki_hojo:20180909144009p:plain

7月29日の霧深い朝、木村銃太郎率いる少年隊23名は銃砲を構えて、阿武隈川沿いの大壇口の守備についた。正面から攻めてきたのは薩摩兵だったが、少年隊の砲撃の正確さに、薩摩兵は驚いたという。銃太郎の指揮と日頃の少年たちの訓練は実戦で大いに生かされたというわけじゃな。

その後、激しい銃撃戦が展開されるが、奥田午之助(15歳)が銃撃され死亡。少年隊最初の戦死者だ。少年たちは怯まず決死の抵抗を見せるが多勢に無勢、火器の性能差は如何ともしがたい。

そして敵兵が目前に迫り、銃太郎の左腕を撃ち抜く。少年たちをこれ以上、危険な目に合わせるわけにはいかないと判断した銃太郎は退却の太鼓を鳴らし、少年たちを集める。じゃが、そのとき敵弾が腰に命中。歩くこともままならなくなった銃太郎は少年たちに、自分の首をとって退却するよう命じた。

少年たちは銃太郎に一緒に退却するよう説得するが、副隊長・二階堂衛守が心を決め銃太郎の首を切り落とした。少年たちは号泣しながら銃太郎の屍を埋め、首を抱えて退却する。こちら、大河ドラマ「八重のさくら」の若先生こと木村銃太郎

f:id:takatoki_hojo:20180908154523j:plain

木村銃太郎二本松藩砲術指南の家に生まれ、江戸の江川太郎左衛門に砲術を学んだ。帰藩後は砲術師範として藩士師弟の教育にあたった。少年達からの信頼は厚く「若先生」「小先生」と、親しまれていた。

この日の戦いで隊長以下15名が戦士。二本松少年隊は壊滅する。銃太郎は見事な指揮で一時は新政府軍を食い止めたが、教え子達を戦場に出さねばならなかったことに、忸怩たる思いであったじゃろうよ。 

なお、大壇口で勇名をはせたのが、青山助之丞(21歳)と山岡英治(26歳)じゃ。2人は少年達の退却を助けるため、薩摩兵の真っただ中に 大刀を振りかざして斬り込み、戦死した。

うつ人もうたるる人もあわれなり ともにみくにの民とおもえば

このとき薩摩兵を率いていた野津道貫は、後世、二本松を訪れたとき、この日の激戦を振り返り、十津川郷士が詠んだ詩を朗唱し、二本松藩士の壮絶な戦いぶりを賞して、「戊辰戦争中第一の激戦」と述懐している。

大隣寺にある二本松少年隊のお墓を訪ねた

霞ヶ城公園を後にし、せっかくなので二本松少年隊が眠る大隣寺へも訪れてみた。まあ歩けないこともないが、暑かったこともあり、ちょっと辛かった。おまけに、突然のゲリラ豪雨にはエライ目にあったが、まあ、それはどうでも良い話。

f:id:takatoki_hojo:20180902160943j:plain

境内に至る階段の下に、副隊長・二階堂衛守(33歳)と隊士・岡本篤次郎(13歳))戦死の地碑があり、花が手向けられていた。

大壇口で敗れた少年隊士は、戦死した銃太郎の首を運んで撤退中に、大隣寺の石段の下で敵軍の銃撃を受ける。このとき衛守は即死し、篤次郎も重傷をおった。

岡山篤次郎は「眉目秀麗、仲間きっての美少年」であったらしい。出陣にあたり、母親は「二本松藩岡山篤次郎十三歳」と書いてもらった。自分が戦死したあと屍を探すのにわかりやすいようにと言うことなのじゃが、字が下手だと敵に笑われることを嫌がったという。

土佐や薩摩の兵たちは、少年を憐れみ、懸命に看護に当たった。介抱にあたった土佐藩士は、「何としても回復させ養子に貰い受けたい」と話していたというが、篤次郎は助からなかった。

f:id:takatoki_hojo:20180826142037j:plain

上崎鉄蔵(16歳)は出陣を命じられ、鬱々とした日々を送っていた。母はそれが気が気でなく、その理由を尋ねた。すると鉄蔵は「せめて、太刀だけは恥ずかしくないいものを持って出陣したい」と打ち明けた。鉄蔵の家は貧乏であった。ろくな刀もなく、唯一の太刀はすでに父が持って出陣してしまった。

母は急ぎ、実家に掛け合い、一振りの相州ものの太刀を調達し、鉄蔵に渡した。そして出陣の朝、「行ってこい」と声をかけた母に、「行ってこい? 今日は、行け!だけでよいのです」と答え、立ち去ったという。もう自分は帰らないと、鉄蔵は覚悟していたんじゃな。

小沢幾弥(17歳)は、父親が長く江戸詰で、二本松に帰藩しても生活になかなか馴染めなかった。田舎者を小馬鹿にする態度は、同年代の少年たちに嫌われ、いざこざもたえなかったという。

そんな幾弥は砲術を朝河八太夫に学び、開戦時には朝河隊に所属して出陣した。しかし、戦の最中、八大夫は敵弾に倒れ、幾也は死傷した師を背負って、敵兵が充満する中を逃げ惑う。そして師の遺骸を葬ると、満身創痍で彷徨い歩いた。

やがて二本松城は落城。幾弥も息絶え絶えなところに、久保丁坂で土佐兵と遭遇した。すでに意識は混濁していた幾弥は、土佐兵に「敵か、味方か」と問い、腰の刀に手を掛ける。哀れに思った土佐兵は「味方だ」と答えると、幾弥は首を伸ばし、手振りで介錯を求めた。土佐兵は無言で幾也を介錯した。

f:id:takatoki_hojo:20180902161039j:plain

負けることがわかっているのに「武士の本懐」と、同盟の信義を守って玉砕した二本松。会津のように薩摩長州に恨まれていたわけでもない。徳川に格別な恩義を感じる家でもないし、仙台や米沢のように列藩同盟を主導した立場でもない。回避しようと思えば回避できたわけで、現代の感覚からすれば「馬鹿だ馬鹿だよ二本松は馬鹿だ」という見方になるかもしれん。じゃが、彼らはやはり「武士」だったということじゃ。

維新後、板垣退助は「全藩を挙げて命を惜しまず戦った二本松藩こそ武士の鑑」と賞賛し、徳富蘇峰も「会津、二本松の卓越した政治姿勢があったから、日本は植民地にならずに済んだ」と語っている。つまり、「気概」「矜持」ということじゃろうか。長いものには巻かれろ一辺倒では、世の中はどんどんおかしくなる。

世俗と功利にまみれてはおっても、こうした「気概」や「矜持」は持ち続けたいものじゃな。