闘犬乱舞。北条高時ブログじゃ

うつつなき太守による歴ヲタの備忘録

源頼家のこと~暗君か、暴君か、悲運の2代目鎌倉殿

今日は源頼家公について。頼家公といえば、大河ドラマ草燃える」では郷ひろみさんが演じ、その印象が強いのじゃが、「鎌倉殿の13人」では、金子大地さんが演じることになっておる。

源頼家(「鎌倉殿の13人」は金子大地、「草燃える」は郷ひろみ)

源頼家役の金子大地(「鎌倉殿の13人」)と郷ひろみ(「草燃える」)
続きを読む

新宮十郎・源行家のこと~弁舌鮮やかだけど、やっぱり疫病神の叔父上さま

源行家。彼を味方をつけた者は、必ず負けるという死神のような男。鎌倉方に捕まり、首をはねられるのは、これより少し後のこと」……。大河ドラマ「鎌倉殿の13人」では、長澤まさみさんのナレーションでけちょんけちょんの評価を受けた杉本哲太さん演じる源行家。「そこまでいわなくても」と言ってあげたいが、実際そうなんじゃよな。ということで、今日は新宮十郎こと源行家についてじゃよ。

源行家

源行家WikiPedia平家物語絵巻』林原美術館所蔵)
続きを読む

源義経の「腰越状」を超訳してみた

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」では、菅田将暉さんの九郎判官こと義経殿がやばいといわれている。しかし、兄弟の思いがすれ違っていくことに、やっぱりわしは涙を禁じ得ない。そこで、九郎殿が頼朝公に宛ててその思いを綴った「腰越状」を超訳しながら、その思いを読みとってみたいと思う。

源義経

続きを読む

甲斐源氏・一条忠頼暗殺のこと~なぜ源頼朝に殺害されたのか

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」では、父・武田信義とともに源(木曾)義高をそそのかしたことで頼朝公に殺されてしまった一条忠頼。その真相はよくわからないところが多いが、よいきっかけなので整理しておこう。

一条忠頼之墓(山梨県南巨摩郡富士川町Wikipediaより)
続きを読む

朝夷奈切通から上総介塔へ、上総広常を偲んでぶらぶら歩いてきたぞ

GWということで、大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で話題沸騰した上総広常を偲び、朝夷奈切通をぷらぷらとしてきた。朝夷奈切通鎌倉七口のひとつで、神奈川県鎌倉市十二所から横浜市金沢区朝比奈町を結ぶ中世の古道じゃ。これから行こうという人もいるかもなので、ガイドがわりに記しておこうと思う。

朝夷奈切通

朝夷奈切通(鎌倉十二所側です)
続きを読む