腰越の満福寺…左衛門少尉源義経、恐れながら申し上げ候

江ノ電の腰越駅からほど近くにある満福寺。満福寺は、九郎判官こと源義経殿の腰越状で世に知られている。 兄・源頼朝公との不仲を解消するため平家の捕虜を同行し京から鎌倉へ向かった義経殿。じゃが、頼朝公は義経殿が腰越から先、鎌倉に入ることを許さず、義経殿はここ満福寺にとどまり、一通の嘆願状(腰越状)をしたた…