何気ない「ひと言」が命取りになってしまった蒲殿こと源範頼さん

ふつうは修善寺といえば源頼家公ということになるんじゃろうが、この地には河内源氏の流れを汲む源義朝公の六男で頼朝公の異母弟、九郎義経殿の異母兄である源範頼さんも眠っておる。